ストリートスタイル独占インタビュー:トライベッカ映画祭でデビューするダンス映画 Flex is Kingsの映画監督 Deirdre氏のインタビュー

ストリートスタイル独占インタビュー:トライベッカ映画祭でデビューするダンス映画 Flex is Kingsの映画監督 Deirdre氏のインタビュー

トライベッカ映画祭でデビューするダンス映画 Flex is Kingsの成り立ち



今回紹介するインタビューは日本でも初の独占インタビューになります、トライベッカ映画祭でデビューするダンス映画「Flex is Kings」の監督 Deirdre氏とのインタビューの模様を紹介していきたいと思います。

過去に当サイトでも、フレックスというストリートダンスについて紹介しました。今回のインタビューは、まさにこの映画の中心舞台となっているブルックリンのフレックスダンスシーンをテーマにしたドキュメンタリー映画です。

映画:Flex is Kings
映画:Flex is Kings(© Flex is Kings)






このドキュメンタリーは、ブルックリンで活躍しているダンサーのライフスタイル・ダンス活動を紹介した内容です。ブルックリンのイーストニューヨークというエリアは犯罪が多く、雇用も少なく、多くの社会問題が存在しているエリア。

しかし、そのような過酷な環境から生み出された、ポジティブなダンスシーン。この映画に登場するダンサーは、「フレックス」を通して、自己表現は勿論、ストリートカルチャーやブルックリンのソウルを表現しています。



(© Flex is Kings)
(© Flex is Kings)






Flex is Kingsを撮影した映画会社は、Battlefestというダンスバトルイベントを行い、このドキュメンタリーのストーリーを盛り上げています。イベントのオーガナイザーや、フレックスダンスシーンの中でも最もカリスマ的な存在の参加者のストーリーも撮影されています。

このドキュメンタリーの撮影は、2010年にスタートしました。Kickstarterというサイトの支援もあって、映画の撮影・費用に関しては順調に進める事が出来ました。現在は、撮影と編集が終わり、最後のポストプロダクションを作業中との事です。そして来たる、2013年の4月に行われるトライベッカ映画祭で初めて上映される事が決定しました。

以前から、様々なドキュメンタリーメーカーにコンタクトをとっていた、私(Masa)は、今回ようやく、Flex is Kingsの映画監督、Deidre Schoo氏の独占インタビューに成功しました。途中何度もインタビューを断念せざるを得ない事態になりそうでしたが、なんとか無事にインタビューは成功しました。




Flex is Kings トレイラー








ストリートダンス映画 Flex is Kingsの映画監督 Deirdre氏のインタビュー




Masa: 

このドキュメンタリーの制作期間は、今までどれくらい期間を要したのでしょうか?


Deirdre

私は、2008年に始めてフレックスダンサーに出会い、同年にBattlefestというコンテストの写真を撮影し始めました。そして、私とMichael Beach Nicholsというドキュメンタリーメーカーは、2010年の春にこのドキュメンタリーの制作をスタートさせました。ですから、通算して4年間くらいフレックスコミュニティーと一緒に付き合っている感じですよ!


Masa: 

あなたは、元々写真家で、映画製作パートナーのMichael Beach Nichols氏は、元々ドキュメンタリーメーカーですよね?あなたたちは、Flex is Kingsを作る以前に、ダンスドキュメンタリー等の映画を作った事はあったんでしょうか?ダンスドキュメンタリーを撮影する難しさはありましたか?


Deirdre

私とマイケルは、二人とも始めてダンスドキュメンタリーを撮影・製作しました。しかし、このダンスコミュニティーのストーリーは、とても興味深いものだったので、自分たちの情熱と興味を最優先させて直ぐ撮影を開始させました。

私とマイケルは、昔からストリートカルチャーのファンだったし、ダンスにも興味がありました、今は、とても想像できなかったくらいダンスカルチャーに精通した知識を持っていますね!

しかし、撮影し始めた当時、多くのテクニカルな問題にぶつかりました。最終的には、キャノンの5D Mark IIというカメラを使う事にしました。このカメラは、比較的安価で、映像クオリティーは高かったのですが、音の問題があり操作性がよくありませんでした。

それに、被写体をしっかりとフォーカスをする事が難しかったのです。ですから、このような問題を解決するまでに、約一ヶ月くらいの時間を要しましたね。




Masa: 

あなた達は去年の4月にKickstarterの目標金額に達しました。それ以後、ドキュメンタリーについてどんな事を進めていますか?
この映画はいつ上映する予定があるのでしょうか?


Deirdre

私たちは、去年の4月に、映画編集するの資金を確保する為にKickstarterのキャンペーンを始めました。今(2013年の3月)、サウンドの編集や、映画のカラー編集、音楽のコピーライト等の為に、もう一つ別のKickstarterのキャンペーンを始めます。
このキャンペーンの為に、新しいトレーラーを製作しました。是非、チェックしてみてください!


Masa: 

あなたは、このドキュメンタリーを世界の映画祭で上映する予定はありますか?


Deirdre

私たちは、このドキュメンタリーを世界中で行われている様々な映画祭に申し込みました。映画初公開は、2013年の4月、トライベッカ映画祭で行われます。凄く楽しみにしていますよ!そして、Flex is Kingsは、その映画祭の「ヴューポインツ」というセクションの最初に上映される映画です。映画際でのレビューを、とても楽しみにしています。


Masa: 

あなたたちは275時間のフィルムを撮影しました。沢山のダンサー達とかなりの時間を共に過ごしたと思いますが、ダンサー達との交流はまだ続けていますか?彼らとは、まだ連絡を取っているのでしょうか?


Deirdre

そうですね。撮影を通して親交を深めたダンサーがいますし、当然まだ連絡を取っていますね。私はまだ、彼らの写真を撮影していますし、彼らの才能は素晴らしく、彼らと共に過ごしている時間は楽しいですね。出来ればこれからも長い間、共に活動していきたいと思っています。


Masa: 

映画に出演したダンサー達は、映画を撮影したドキュメンタリークルーに対して、どう思っていたと思いますか?彼らにとって、この映画に出演する事によって、どんなポジティブな事(有利的な事)が起きたと考えていますか?正直な感想を聞かせて下さい。


Deirdre

彼らは私達の存在を楽しんだと思いますが、逆に彼らには悔しい時があったかもしれません。しかし、全体を通してみると、彼らはドキュメンタリーに出演した事が良かったと思っているし、私達も彼らのダンスの世界に入る事が好きでした。

彼らには、このプロジェクトのお陰でポジティブな影響があるといいと願っています。フレックスは、序々にメインストリームに認められ始めています。去年、ブルックリンで活動している2人のフレックスダンサーがマドンナのツアーに出演しましたよ!


(© Flex is Kings)
(© Flex is Kings)





(© Flex is Kings)
(© Flex is Kings)





(© Flex is Kings)
(© Flex is Kings)






Masa: 

フレックスは、まだブルックリンの黒人ダンサー達の間だけで、行われているダンスだと思いますか?それとも、メインストリームのダンスシーンに入っていく事が出来るのでしょうか?


Deirdre

フレックスは、まだまだローカルなダンスシーンですが、ユーチューブに等にアップされている動画をみると、世界中のダンスファンに認められ、世界中のダンスシーンに影響を及ぼしていると思います。フレックスのファンは世界中にいますよ。私は、フェイスブックにはロシア人のフレックスダンサーの友達がいます!


Masa: 

日本では、ヒップホップダンスや、他のストリートダンスはとても人気がありますし、これからももっと人気が出てくると思います。また、それに伴ってよりダンスドキュメンタリーのマーケットは広がっていると思います。あなたは、この映画を日本や他の国でリリースする計画はあるのでしょうか?


Deirdre

勿論!私たちは、この映画は、世界中の人々に見て欲しいと思っています!もし興味があれば、私たちのフェイスブックページで「いいね!」を押して、映画について色々な情報を見てください。


https://www.facebook.com/FlexIsKings

また、Flex is Kingsの専用サイトに行けば、メーリングリストに登録出来ます。
http://streetdancebrooklyn.com


Masa: 

あなたは、この映画を作った結果、ダンスカルチャーにおいてどのような理解を深めましたか?


Deirdre

当然ですが、私にとってダンスカルチャーはさらに興味深い物になりました。私は、今年、アンゴラのストリートダンサーと共に仕事をしていました。あなたは、Kuduro(クドゥロ)というダンスを聞いた事がありますか?凄くかっこいいですよ!



Masa: 

あなたは今後、他にもドキュメンタリー映画を作る予定はありますか?


Deirdre

はい。色々なアイディアがあります。しかし残念ですが、まだ発表する事は出来ません。


Masa: 

今回は、お忙しい中インタビューに答えてくれてありがとうございました。


Deirdre

こちらこそ、ありがとう。



Flex is Kingsのリンク集



専用サイト: http://streetdancebrooklyn.com
フェイスブックページ: https://www.facebook.com/FlexIsKings  
Kickstarterのページ: http://kck.st/12u9GHd










Share This Post