ストリートアーティスト JRのアーティストヒストリー

ストリートアーティスト JRのアーティストヒストリー


フランス人のストリートアーティスト JR

 

ストリートアーティストのJRとは?

JRという人物は、フランス出身で世界中で活躍しているストリートアーティスト。
さらに、ストリートアート以外にも、フォトグラファーとしても活動してしている。
彼の実名は未だ不明である。
彼の作品に代表されるスタイルは、大型の白黒写真を街の壁やビルの表面に貼る事である。

JRによると、「ストリートは世界の一番広い美術館」だと話している。
彼はストリートを使って、美術館に行かない人々にアートを紹介したいと言っていた。

JRのテーマは、「自由」、「言質」、「アイデンティティー」と「限界」という概念である。



ストリートアーティスト JRのルーツ

 

JRは、若い頃、パリの地下鉄でカメラを拾った。
その後、ヨーロッパ中を旅して、様々なストリートアーティストに会って、その人物写真を撮影した。
パリに帰ってきてから、この写真をビルの表面や壁や屋根に貼った。



JRが行ったアートプロジェクト

 

2004年から2006年まで、JRはパリの団地に住んでいる若者の写真を撮影して
パリの高級エリアのストリートに出展した。
最初は、このプロジェクトはグラフィティと同様に不法律であったが、パリの市会は結局、彼に許可を与えた。

2008年に、Women Are Heroesというプロジェクトを始めた。
女性の戦争犠牲者をリスペクトする為に、女性の人物写真をパリのストリートに出展した。
2008年以来、様々な国にこのテーマを展示している。

2008年に、ブラジルのリオのFavela Morro da Providenciaというファヴェーラ(ゲットー)でプロジェクトを行った。

このファヴェーラは、ギャングとドラッグディーラーの生活圏であり
通常は危険で、メディアとジャーナリストは入れない。タクシーさえも入る事を断るようなエリア。

 



 

 

 

 

 

 

 

しかし、JRは自身で車を運転しファヴェーラまで向かった。そこでローカルの住民の許可をもらって
作品に使う為の人物写真を撮影した。

ファヴェーラの住民の顔を見せるために、家や小屋の表面に写真を貼っていった。

2009年に、The Wrinkles of the City(街の皺)という展覧を行った。
スペインのカルタヘナ(Cartagena)という街の高齢者の皺を撮影して
この歴史的な街の古いビルの表面に写真を貼った。

人間の歴史と街の歴史の関係を見せようとした作品だ。
2010年に、The Wrinkles of the Cityという展示は、中国の北京にも行われた。



JR制作のアート映画


 
2010年に、JRはWomen Are Heroesというプロジェクトについて、ドキュメンタリーを作った。
このドキュメンタリーは、撮影した女性のインタビューや写真の撮影や、写真を貼る事も含んでいる。
このムービーは、2010年のカンヌ国際映画祭でも上映された。

 

 

ストリートアーティスト JRの作品紹介

 


 


 


 

 





Share This Post

Post Comment