ヒップホップコラージュアートを創り出す:Daniel Amazu Wasser (ダニエル・アマズ・ワサー)

ヒップホップコラージュアートを創り出す:Daniel Amazu Wasser (ダニエル・アマズ・ワサー)


ヒップホップを題材にしたコラージュアーティスト:Daniel Amazu Wasser (ダニエル・アマズ・ワサー)

 

Daniel Amazu Wasser (ダニエル・アマズ・ワサー)とは

ダニエル・アマズ・ワサーは、ヒップホップカルチャーのモチーフを大胆に使った
コラージュアートを得意とするアメリカ人のアーティストである。
ストリートカルチャーでは、お馴染みのパイオニアのイメージ多様して作品を作っている。

彼は、1971年にアメリカのメーン州で生まれ、コネチカット州で育った。

現在は、ニューヘーヴェン市で小学校のアート先生として働きながらアートを制作している。
彼のコラージュアートは、様々なギャラリーで展示されている。


 
Daniel Amazu Wasser (ダニエル・アマズ・ワサー) アート
Daniel Amazu Wasser (ダニエル・アマズ・ワサー) アート

 
 
Daniel Amazu Wasser (ダニエル・アマズ・ワサー) アート
Daniel Amazu Wasser (ダニエル・アマズ・ワサー) アート

 
 

ダニエル・アマズ・ワサーのアート

 
ワサーは現在、「プラネット・ロック」という作品シリーズを展示中で
これらの作品には、彼のお気に入りのセレブリティー達を含め、ストリートカルチャーで伝説的な人気を誇る、ヒーロー達のイメージを使用して作られている。

彼は、アートのアーティストであるが、音楽で言うところの
DJやトラックメイカーと同じように”サンプリング”のようなテクニックを使っている。

アート作品を作る前に多くの古い雑誌や、本などの資料を集め、気に入ったイメージや写真を掘り出す(HIPHOP DJやトラックメーカーで言う古いレコードを探すような作業)。
今回の展示(プラネット・ロック)のために、長い間をかけ作品のテーマを考えて、サンプリングの為の資料を選んでいた。
そして最終的には、自分にとって影響力の最も高い人達の写真を使用し、カラフルなデザインでコラージュアートを仕上げた。

ワサーは1970年代に生まれた世代である為、彼の創り出すアートは
1970年代から1980年代のポップカルチャーを彷彿とさせる物が多い。
その当時、音楽業界で爆発的に人気があった、ジェームズ・ブラウンや、クール・ハーク、Run DMC、マイケル・ジャクソンなどの人達のイメージを使用している。

 

ダニエル・アマズ・ワサーのギャラリー展示

 
2012年の5月に、ニューヨークの「ミュージアム・オヴ・コンテンポラリー・アフリカン・ディアスポラ・アーツ」という美術館で展示を開いた。

2012年06月15日からCEREMONY 渋谷で展示を行う予定である。

http://www.openingceremonyjapan.com/mt_specialinfo/2012/05/exhibitiondaniel-amazu-wasser.html



※追記・ストリートスタイル Masa

ダニエル・アマズ・ワサーのギャラリー展示に言ってきました!
ギャラリー内は、彼の作品で強く打ち出している”オールドフレーヴァー”が見事に表現されていました。

写真は、以下です。

 

Daniel Amazu Wasser アート作品@渋谷
Daniel Amazu Wasser アート作品@渋谷


 

 

Daniel Amazu Wasser アート作品@渋谷
Daniel Amazu Wasser アート作品@渋谷


 

 

Daniel Amazu Wasser アート作品@渋谷
Daniel Amazu Wasser アート作品@渋谷






Share This Post