ラスベガスのネオンサイン墓地・Neon Museum(ネオン博物館)

ラスベガスのネオンサイン墓地・Neon Museum(ネオン博物館)


ラスベガスのネオンサイン墓地


ネオンの看板は、アートのジャンルの一つだと言う事が出来る。
アメリカには、そういったネオン専門アートギャラリーも存在しているくらいだ。
そんな中、ラスベガスは特にネオンアートの世界でも中心地ともいえる場所だ。



1996年に、ラスベガスのNeon Museum(ネオン博物館)は会館された。
ネオン博物館は、非営利組織として設立され
ラスベガスの歴史あるクラシックなネオン看板を保存する事を目的として作られた。

ラスベガスのネオン博物館
ラスベガスのネオン博物館


 

 

 

 

 

 

 

 

現在、150個以上の大型の看板が展示されている。
ここでは、ラスベガスの面白い歴史を見ることが出来、時代と共に変わっていったテクノロジーの進化も見ることが出来る。

ネオン博物館の主な作品は、「Neon Boneyard」(ネオン墓地)というエリアに展示されている。

電源は入っていないが、錆だらけなったクラシックサインの風景は
実にレトロな雰囲気を醸し出している。

このエリアは、度々ハリウッド映画やモデルの撮影場所として使われることが多い。
※ネオン墓地に入るには、予約が必要。

ラスベガスのネオン博物館
ラスベガスのネオン博物館


 

 

 

 

 

 

 

 

また、Freemont Street Galleryというエリアもあり
普通の道になっているが、ここにも多くのクラシックサインが並べてある。

このエリアはもちろん無料で楽しめるため、いつでも見る事が可能だ。

http://www.neonmuseum.org/





Share This Post