メキシカンアートのパイオニア:ホセ・グアダルーペ・ポサダ(José Guadalupe Posada)

メキシカンアートのパイオニア:ホセ・グアダルーペ・ポサダ(José Guadalupe Posada)


今尚、チカーノたちにリスペクトを受けるメキシカンアーティスト・ホセ・グアダルーペ・ポサダ(José Guadalupe Posada

 

生涯一般印刷業者の職人として
働き続けた版画職人でありアーティスト。

彼の作品の数はとても多くの量とバラエティーに富んでいる。
作品のテーマとしては、社会風刺をメキシカンアートの最も有名なモチーフのドクロを使って描いている。


彼の作品の中のメッセージとして
”金持ちも貧乏人も死ねばみな骸骨”や、メキシコのお盆として有名な
”死者の日(Día de los Muertos)”との関連から、つながったメッセージとの見解もある。

 

Posada
Posada


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金持ち層を皮肉ったアート作品や、特に貧困層の鬱憤などをテーマとしたアート作品は
メキシカンのバリオコミュニティーに広がるミューラルアートにとても近い作品とも言える。

のちにフランス人のジャン・シャルロ(Jean Charlot)やホセ・クレメンテ・オロスコ(José Clemente Orozco)
メキシコの壁画運動の中心人物とも言えるディエゴ・リベラ(Diego Rivera)
また現在では、トミーゲレロや数々のアーティストに影響を与えている。

 

 

mexican art
mexican-art


 

 

ホセ・グアダルーペ・ポサダ(José Guadalupe Posada)の作品とメキシカンアートの紹介

 
 





Share This Post

Post Comment