ブラックムービー紹介・1994年のバスケットボールドキュメンタリ映画:Hoop Dreams(フープ・ドリームズ)

ブラックムービー紹介・1994年のバスケットボールドキュメンタリ映画:Hoop Dreams(フープ・ドリームズ)


1994年のバスケットボールドキュメンタリー映画:Hoop Dreams(フープ・ドリームズ)


Hoop Dreams(フープ・ドリームズ)は
1994年に封切られたバスケットボールのドキュメンタリーである。

アメリカ出身のSteve James(スティーヴ・ジェイムズ)により監督され
Kartemquin Films(カーテムクイン・フィルムズ)というプロダクション会社によって制作された。

 

Hoop Dreamsは、1994年のサンダンス映画祭で初めて上映されてから
現在までに、バスケットボール映画とブラックカルチャー関係の映画の中では、高評価を得た作品になった。

また、サンダンス映画祭で「ベスト・ドキュメンタリー」という賞も受賞している。


当初は、30分のショート・フィルムのつもりで撮影されたが
最終的には、250時間分の動画が映画化された。
これを編集し、171分のドキュメンタリー映画が完成した。


監督のスティーヴ・ジェイムズは
シカゴで暮らす二人の黒人高校生の日常生活に密着し
彼らが、プロバスケット選手になるという夢を追いかけている姿を収めている。

Hoop Dreams(フープ・ドリームズ)
Hoop Dreams(フープ・ドリームズ)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ストーリー

William Gates(ウィリアム・ゲイツ)とArthur Agee(アーサー・アギー)は
バスケットボールの才能で、シカゴのスポーツ専門の高校にスカウトされる。
プロ選手になるために、この学校に通いながら厳しいトレーニングを受けることになるが
この高校は、ほぼ白人の生徒で占められている。





ウィリアムとアーサーは、まずしいエリアの黒人として
いきなりこのような特殊な環境で生活していくことになる。




このドキュメンタリーは、彼等のトレーニング風景や日常生活
家族との関係などと共に、アメリカ黒人の社会問題にもクローズアップしている。

 

Hoop Dreamsは、アンダーグラウンドなドキュメンタリー映画ではあるが
1994年には、予想と反してビッグヒットとなり、同年の映画トップ10リストに掲載された。

 

 

 





Share This Post