フリースタイル・フットボール ドキュメンタリー 「In the Hands of the Gods」

フリースタイル・フットボール ドキュメンタリー 「In the Hands of the Gods」

イギリスのドキュメンタリー映画:フリースタイル・フットボール「In the Hands of the Gods」


「In the Hands of the Gods」は、2007年に制作されたイギリスのドキュメンタリー映画である。
このドキュメンタリーは、5人の貧しいフリースタイル・フットボール選手の南米旅行を中心としたストーリー。

フリースタイル・フットボールとは、南米やヨーロッパで特に人気のあるストリートスポーツで
インナーシティーやゲトーに住んでいる若者にとっては、人気が高いスポーツ。



この映画の主人公は、5人の若いイギリス人男性。
それぞれの男は、貧しいエリア出身の者や移民の家族出身で金もなければ
いい仕事を得る機会も少ない。それに、その内2人はホームレス。

しかし、全員はフリースタイル・フットボールが大好きで
子供の頃からMaradona(マラドーナ)などの南米選手に憧れていた。

この5人の若者はある、プランを作る。

フリースタイル・フットボールのスキルで金を稼いで
南米まで旅に行って、Maradona(マラドーナ)と握手する事。

In the Hands of the Gods movie
In the Hands of the Gods movie





「In the Hands of the Gods」は、実話で映画が進みながら、5人の若者は多くの出来事を体験し成長していく。
様々な国を超えて、様々な興味深い人達に出会う。

旅が終わる頃には、全員の世界観にある変化をもたらした。

このドキュメンタリーは、イギリスの60もの映画館で上映され
現在までに、一番広く上映されたドキュメンタリーである。多くのポジティブな評価を受けた作品。



フリースタイル・フットボール ドキュメンタリー:「In the Hands of the Gods」トレイラー 





 

 

 




Share This Post