世界的なストリートダンスのブーム歴史


ストリートダンスのブーム


ストリートダンスについて

ストリートダンスという言葉は、様々なダンスジャンルを含んでいる。ビーボーイング、クランプ、ポッピング、ヒップホップ、ハウスダンスなどのダンススタイルの要素は全て入っている。ストリートダンスは、バレーや社交ダンスなどの正式なダンスと逆に、ストリートやクラブや公園で自然に進化している。ストリートダンスは、アンダーグラウンドから出てきたミュージックシーンの肉体的な表現である。



しかし、現在では、アンダーグラウンドの世界だけには留まらず、メインストリームの世界にも入っている。
テレビ、映画、インターネットなどのメディアのおかげで、ストリートダンスのブームがが広がり続けている。



ストリートダンスのブームにおいてテレビの影響力


アメリカの「So You Think You Can Dance?」というテレビ番組は、オーディションの番組である。様々なダンサーは、オーディションを受けて、一番上手なダンサーやルーティーンがジャッジとテレビ視聴者によって決められて次のラウンドに行ける。

この番組は、2005年に始まり、様々なダンススタイルがレプレゼントされている。
今まで、7つのシリーズがありシーリーズ4のチャンピオンはヒップホップダンサーで、シーズン6のチャンピオンはクランプのダンサーであった。「So You Think You Can Dance?」と同じフォーマットの番組はすでに21国に広がっている。特にヨーロッパの諸国には、高い人気がある。


イギリスのオーディション番組の「Britain’s Got Talent」は、日本人にとって、Susan Boyleという歌手の発見で知られているが、このオールジャンルのオーディション番組は、歌手より、ストリートダンサーの方が成功を得ている。

シーリーズ2のチャンピオンは、George Sampsonという若いストリートダンサーで、シーリーズ3のチャンピオンはDiversityというストリートダンスクルーで、シーズン3の次点者は、Flawlessというストリートダンスクルーであった。


様々なストリートダンスは、メインストリームテレビで普通の人に紹介されている。
ストリートダンスレッスン、ヒップホップのフィットネスクラスなどは、世界中に急速に広がっている。
そして、アマチュアのストリートダンサーは、テレビを通して、ダンスキャリアを作ろうとしている。George Sampson、DiversityとFlawlessは、全員が去年の「Street Dance 3D」という映画に出演した。



Street Dance 3D
Street Dance 3D


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストリートダンスのブーム・シアターへのムーブメント



最近は、ストリートダンスに基づいているミュージカルや演劇が増えている。
2008年に、ロンドンのウェストエンドで一番長く流れていた演劇は「Into The Hoods」というダンスミュージカルであった。
他のミュージカルや演技も非常に成功している。

観劇するオーディエンスは、ライヴでストリートダンスを楽しんでいるようだ。





ストリートダンスのブーム・映画の力


1980年代のヒップホップブーム以来、ストリートダンス映画のジャンルが段々とメインストリームに入っている。
大体毎年、新しい映画がリリースされ、その後一番人気ある映画は、続きの映画も作るようになっているスタイルだ。

(ストリートダンス映画のベスト10)





ストリートダンスのブーム・インターネットの力

インターネット時代になる前は、新しいダンススタイルの普及はとても遅くて、それぞれのスタイルはローカルでのみの現象であった。
しかし、YouTubeなどのビデオサイトのおかげで、新しいスタイルやステップはすぐワールドワイドになる。

ダンサーは自分のパソコンでステップを習ったり、ビデオをアップしたり、バトルしたりする事ができるようになった。





ストリートダンスのブームの理由

ストリートダンスは、なぜ人気あるのだろうか。おそらく、正式なダンススタイルと逆に
レッスンや特別な設備が必要ではなく、どこでも練習できて、音楽も人気の秘密であろう。

これからも、ストリートダンスの人気は衰える事を知らないカルチャー。








Share This Post