スーパーサイズ・ミーでお馴染みのコンテンポラリーアーティスト:ロン・イングリッシュ(Ron English)

スーパーサイズ・ミーでお馴染みのコンテンポラリーアーティスト:ロン・イングリッシュ(Ron English)


コンテンポラリーアーティスト:ロン・イングリッシュ


Ron English(1959年生まれ)は、アメリカ出身のコンテンポラリーアーティストである。
彼の特徴的なアートスタイルは、ポップカルチャーや、ローブロウアートや、ストリート系アートのミックスから成り立っている。



ロン・イングリッシュ
ロン・イングリッシュ







Ron english
Ron english







ロン・イングリッシュのアート性


彼は、ストリートアートというジャンルの中でも、パイオニア的な存在として尊敬されており
その活動も20年間、様々なブランド会社の広告塔を乗っ取り
そのイメージの上に自分の皮肉なイメージイラストを貼ってメッセージを表現してきた。

彼のアート表現する上で好きなターゲットは、アメリカでも有名なポップカルチャーのイメージである。
例えば、ミッキーマウスやマクドナルドなど。

ロン・イングリッシュ アート作品
ロン・イングリッシュ アート作品





2004年のスーパーサイズ・ミー(Super Size Me)というドキュメンタリーのマスコットは
ロン・イングリッシュによって作られた。

ロン・イングリッシュは、有名になった今でもストリートアートの世界で活動し続けている。
2007年に、banksy(バンクシー)とSwoonというストリートアーティストとコラボレーションして
パレスタインのウェストバンクの壁の表面にミューラルを描いた。


そして、1989年に、ドイツのベルリンのチェックポイント・チャーリーにストリートアートを残した。
Dandy Warholsや、Slashというバンドのアルバムカーバーもデザインした。

彼の作品は、ポップアーティストのAndy Warholに強い影響を受けた。
Ron Englishの作品は、パリのMuseum of Contemporary ArtやニューヨークのWhitney Museumで見る事ができる。




ロン・イングリッシュの作品紹介















Share This Post