ロンドンオリンピックをテーマにしたストリートアート紹介

ロンドンオリンピックをテーマにしたストリートアート紹介


オリンピックをテーマにしたストリートアート


イギリスのストリートアーティストは、ロンドンオリンピックの開催に伴って今年は特に活動的だった。
バンクシーや、アイザック・コルダルや、デイヴィッド・ウォーカーなどのアーティストはオリンピックをテーマにして、ロンドンのストリートに様々な皮肉ったメッセージを残した。


オリンピックをテーマにしたストリートアート:1. Mau Mau



Mau Mauというアーティストは、マクドナルドや、コカコーラなどのブランドに影響について皮肉ったコメントを作品に表した。
オリンピックエリアでは、コカコーラ社のソーダ系ドリンクとマクドナルドブランドのファストフード以外の店は販売を禁止された。
そして、世界中で一番大事なスポーツイベントである、このオリンピックにおいて、ファストフードのセールズが上がったという皮肉・・。

オリンピックストリートアート:Mau Mau
オリンピックストリートアート:Mau Mau







オリンピックをテーマにしたストリートアート:2. The Toasters



The Toastersというグラフィティー団体は、昔からトースターのイメージをモチーフにして、ロンドンのストリートでアートを表現していた。深いメッセージが入っているかどうかは不明だが、今回は五輪のシンボルを使って、やはりトースターのモチーフでアートを表現した。

オリンピックアート:The Toasters
オリンピックアート:The Toasters








オリンピックをテーマにしたストリートアート:3.バンクシー

 


バンクシーは、皮肉った政治的なメッセージをストリートアートにする事が好きなストリートアーティストとして有名だが
今回は、反戦のメッセージを入れたアートをストリートで表現した。

 

オリンピックストリートアート:バンクシー
オリンピックストリートアート:バンクシー








オリンピックをテーマにしたストリートアート:4.アイザック・コルダル



アイザック・コルダルというスペイン人アーティストは、ミニフィギュアを使って小さいストリートアートを作っている。
今回は、ビジネスマンを表彰台に置いた。結局、オリンピックのチャンピオンは、アスリートではなく、スーツを着ているビジネスマンなのでしょうか・・・。

オリンピックアート:アイザック・コルダル
オリンピックアート:アイザック・コルダル








オリンピックをテーマにしたストリートアート:5. Criminal Chalkist



Criminal Chalkistというアーティストの100メートルダッシュの競技を皮肉ったバージョン。
ロンドンの犯罪率についてコメントしているか、オリンピックオーガナイザーにメッセージを送っているか、不明です。
みなさんは、どう思いますでしょうか・・・。

 

オリンピックストリートアート:Criminal Chalkist
オリンピックストリートアート:Criminal Chalkist











Share This Post