スケートボード系 イラストレーター・ストリートアーティスト・Neckface

スケートボード系 イラストレーター・ストリートアーティスト・Neckface


アメリカンストリートアーティスト・Neckface

 
Neckface (ネックフェイス)は、アメリカのカリフォルニア州を活動拠点にしている
ストリートアーティストであり、スケートボードのデザイナーでもあるアーティスト。

彼の本名は未だ不明のままだが
1984年にカリフォルニア州のストックトンという町で生まれた事までは、わかっている。


Neckfaceは、退屈な学生生活の中で悶々としていた頃
小学校の時から既に、自身のクリエイティブな才能に気付き温めてきた。

 

高校の一年生の頃には、カリフォルニア州のサクラメント市でグラフィティタグを書き始めた。
オリジナルのシールを作り、様々な町の壁やビル、モニュメントなど至るところに張り付けていった。

 

その後、アーティストとして徐々に成長していき
のちに、ニューヨークのThe School of Visual Arts(アート大学)に入学した
しかし、二年生の頃に退学している。

 

彼のイラストの描き方は、少し子供っぽいイメージを連想させるテイストかもしれない。
作品の中で最も多いのがモンスター系のイラスト。
Neckfaceのアイディアのインスピレーションは
ヘビーメタル音楽によって影響を受けているという。

元々スケートボードのファンであったNeckfaceは
Baker Skateboardsというスケートボードのメーカーの依頼を受けて

スケートボードのデザインしている。

また最近では、Baker Skateboardsの「アート・ディレクター」になった。
他のスケートボードのアーティスト、ブランドと共にコラボレーションしたこともあり
Vansともコラボレーション行い、オリジナルスニーカーデザインを売り出した。

 

Neckface x Vans
Neckface x Vans


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Neckfaceは、まだアンダーグラウンドのストリートアーティストであるが
近年、人気になってきた事もありギャラリー展示も行っている。

彼の人気は、アメリカは勿論、イギリスやオーストラリア
デンマークなどの国で人気があり、同国で展示を行った経験もある。
そして、彼の作品は世界中のストリートでも見る事が出来る。
ここ日本でも、東京の渋谷のストリートでNeckface (ネックフェイス)の作品をみる事ができる。

 

 

Neckface ネックフェイス、渋谷、東京
Neckface ネックフェイス、渋谷、東京


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は、ミステリアスなストリートアーティストのBanksy(バンクシー)同様に
本当のアイデンティティを隠しているが、いつの日か本名が明かされる事があるだろうか。

 

 

 

Neckface (ネックフェイス)のアイテム紹介

 


 



 

 





Share This Post