ニューヨークで活躍するグラフィティアーティスト・HOWNOSMの紹介

ニューヨークで活躍するグラフィティアーティスト・HOWNOSMの紹介

HOWNOSM (RAOUL PERRE とDAVIDE PERRE)のアーティストヒストリー


HOWNOSMとは、グラフィティー世界では珍しく双子で活躍しているアーティスト。
現在、二人ともニューヨークにて、プロフェッショナルのグラフィティアーティストとして活動している。

HowとNosm(本名Raoul PerreとDavide Perre)は
スペインのバスク地方のサン・セバスチエンという街で生まれ、ドイツのドセルドーフし(Duesseldorf)で育った。


 

HOWNOSM
HOWNOSM


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HOWNOSMのアーティストヒストリー


グラフィティーアートを始めた早い段階から、ニューヨークのブロンクス系グラフィティーアートに憧れを抱いた彼らは
10代の後半に、世界を旅しながら、様々な国の電車や壁にグラフィティを描いていった。
過去には、ドイツのベルリンの壁にもグラフィティを描いている。

1997年には、ニューヨークにて活動しているグラフィティクルーTats Cru
メンバーとしてスカウトされている。

1999年には、ニューヨークに移住。
その後、ニューヨークでのアート活動では、グラフィティではなく、アート系のミューラルを描き始めた。

現在2人は、様々な大学で授業を教える傍ら、自身のアート作品も数多く制作している。

彼の作り出す作品は、アート界でも高く評価されており
New York TimesやNew Yorkerなどの大手メディアにも、アート作品が掲載された。

 

 

HOWNOSM
HOWNOSM


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また作品は、グラフィティアートやミューラル以外にも、スケートボードのデザインや、アートトイ
キャンバスアートやスカルプチャーなどの作品も制作している。

最近の作品は、赤と黒と白の3色のペイントに限定した作品を作っており
派手な色よりも、表現力やデザインに力を入れた作品を制作している。

 

 




Share This Post