ストリートアーティスト・イラストレーター:Koralie(コラリー)

ストリートアーティスト・イラストレーター:Koralie(コラリー)


フランス人のストリートアーティスト:Koralie

 
Koralie(コラリー)のプロフィール

Koralie(コラリー)は、1977年にフランスのモンペリエ市で生まれた。
現在は、ニューヨークのブルックリンでストリートアーティストとして活躍している。

幼少時から、クリエイティブな活動に夢中になっていて
母親と一緒にアートやクラフトサークルに入り、シルク・ペインティングや、マクラメや、陶芸などのテクニックを学んだ。
大学ではアートを専攻し、美術学と建築学の修士号を取得している。
大学に通いながら、初めてギャラリーで自分の作品を展示した。


1995年に大学院を卒業し、建築関係の会社に入社する。
その後、デザイナーとしてテレビコマーシャル関係の仕事をすることになった。
2002年に、自分のアート活動を中心にする生活を始める為に、会社を辞めフルタイムでアート活動をスタートさせた。

現在、ニューヨークでストリートアートや、イラスト、アートトイなどの制作を手がけている。
そして、アートのパートナーでもある夫と一緒に、Metroplastiqueというストリート系アパレルブランドを営んでいる。

 

コラリーのストリートアート
コラリーのストリートアート


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Koralieのストリートアート活動

 

Koralieは、10代の頃から、キャンバスアートを中心に制作していたが
常にストリートアートとグラフィティーカルチャーに憧れていた。
しかし、ストリートでアートを描く事は危険を伴う為に中々実行できないでいた。

1999年にKoralieは、Truskool Crewというグラフィティークルーと出会い
他の女性ストリートアーティストと交流を深めていった。
彼女たちの影響もあり、初めてストリートアートを制作することになった。
こうして、Koralieのストリートアートのキャリアがスタートした。

2001年には、SupaKitchというストリートアーティストに出会う。
このアーティストと共にアートを作りながら、付き合い結婚した。現在、2人の子供がいるようだ。
KoralieとSupaKitchは、度々コラボレーションしていて、ミューラルやレコードカバーデザインなどの仕事をこなしている。
また、共にアパレルビジネスを営んでいる。


 

コラリーのゲイシャストリートアート
コラリーのゲイシャストリートアート


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Koralieのアート

 
彼女のアート作品は、カラフルで、特に女性に人気がある。
日本の漫画や、ゲイシャのイメージに影響されており、Koralieの作品には、度々ゲイシャのキャラクターが登場する。
ロシアのマトリョーシカも気に入っているようで、彼女の描くキャラクターの中で最も有名なキャラクターは
ゲイシャとマトリョーシカのコンセプトが合体した人形の「ゲイシカ」というキャラクターだ。

 

 


Koralieのブランドコラボレーション

 
2008年から2009年には、Kidrobotというアートトイメーカーとコラボレーションし
オリジナルのアートトイをデザインした。
その後、2010年にArtoyzというアートトイメーカーとコラボレーションし、フィギュアをデザインした。

また、Carhartt(カーハート)や、Billabong(ビラボン)、Upper Playground(アッパープレイグラウンド)などの
アパレルブランドとコラボレーションし、デザインを担当している。

2008から2009年の間にも
Etnies(エトニーズ)というスケート系アパレルブランドと共にスニーカーとアパレルをデザインした。
Koralieのアートは、多くのグラフィティーカルチャーブックや、写真集に掲載されている。

 

キッドロボット x コラリー
キッドロボット x コラリー


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Koralieのウェブサイト:www.koralie.net
Metroplastique:www.metroplastique.com

 

 





Share This Post