Tony Hawk(トニー・ホーク):スケートボード世界のレジェンド

Tony Hawk(トニー・ホーク):スケートボード世界のレジェンド


スケートボード世界の生ける伝説:Tony Hawk(トニー・ホーク)


Tony Hawk(トニー・ホーク)とは?

1968年の5月に生まれたTony Hawk(本名:アンソニー・フランク・ホーク)は
アメリカのカリフォルニア州出身のプロスケートボード選手である。
彼のスケートテクニックから付けられたニックネームは「ザ・バードマン」。

トニー・ホークは、現代スケートボードカルチャーのパイオニアとして認められいている。
多くの新しいトリックやスケートボードのテクニックを発明した。



Tony Hawk(トニー・ホーク)
Tony Hawk(トニー・ホーク)




Tony Hawk(トニー・ホーク)
Tony Hawk(トニー・ホーク)





Tony Hawk(トニー・ホーク)のライフ


トニー・ホークは、カリフォルニアのサンディエゴで育った。
子供の頃から、活発的で、エネルギーが満ち溢れていた彼は、幼少期からスケートボートを開始していた。

次第にスケートボードにのめり込んでいく、彼のスケートライフを両親はサポートしていった。
トニー・ホークは、若干14歳にしてプロスケートボード選手になった。

彼のバイタリティーは、スケートボードだけには留まらず、学校でも優秀な成績だった事から
中学校の時に、担任の先生の進めにより、一つの上のクラスに飛び級をした。

トニー・ホークは、スケート大会において12年間連続で
スケートボードの世界チャンピオンとして君臨していた。




トニー・ホークの「900」(2回転半)


トニー・ホークは、900というターンを初めて成功させた人として認められている。
彼は、1999年の7月に初めて900に成功した。
その日に、900のターンを11回挑戦し、成功を収め、「自分の人生で一番幸せの日だ」と言う言葉を残した。

現在40代に入ったトニー・ホークは、まだ900のターンをやってのける。



トニー・ホークが出演したスケートボード映画


トニー・ホークは、多くのスケートボード映画に出演した。
1986年にThrashin’という映画で、俳優のジョッシュ・ブローリンの代役として、スケートボードシーンを撮影した。
また、1989年にGleaming the Cubeという映画に出演している。

それ以外にも、Deck Dogzや、Lords of Dogtown、Jackass The Movie、The New Guyなどの映画にも出演を果たしている。
映画だけには留まらず、様々なテレビ番組、ミュージックビデオにも出演している。


トニー・ホークのテレビゲーム活動





トニー・ホークのテレビゲームシリーズは、1999年に初めて売り出された。
それ以来、16本のテレビゲームシリーズがリリースされている。

基本的には、ゲームのプレーヤーがトニー・ホークのキャラクターを操るがコンセプトのゲームだが
一番新しいゲームシリーズでは、ゲームプレーヤーが、トニー・ホークのキャラクターにスケートボードアドバイスを受けられる。


Tony Hawk Foundation(トニー・ホークのチャリティー)


トニー・ホークは、自身のチャリティー基金を創立した。
チャリティーの寄付で、アメリカで最も貧しいエリアにスケートパークを造っており
現在まで、$3,400,000を使い、400個の新しいスケートパークを造った。



Tony Hawk(トニー・ホーク)の作品紹介



















Share This Post