ノーザン・ソウル(Northern Soul):イギリスのユニークなクラブカルチャー

ノーザン・ソウル(Northern Soul):イギリスのユニークなクラブカルチャー


イギリスのユニークなクラブカルチャー:ノーザン・ソウル(Northern Soul)の歴史


 

ノーザン・ソウルの歴史


ノーザン・ソウルとは、1960年代の後半に
イギリスのモッドというシーンから始まったミュージックとダンスのムーブメントである。

アメリカのTamla Motown(タムラ・モータウン)というテンポの速いソウル音楽にもとづいている。
ノーザン・ソウルの世界では、有名なアーティストの曲よりも、よく知られてないアンダーグラウンドなアーティストの曲の方がノーザン・ソウル的であるという見方がある。

 


Northern Soul - the classics
Northern Soul – the classics



 

 
 

 








ノーザン・ソウル(Northern Soul)のルーツ

 

ノーザン・ソウルは、マンチェスターのTwisted Wheel(ツイステッド・ウィール)というミュージックヴェニュー(クラブやイベントスペースの事)で、発展した。この店は、1950年代にコーヒーショップとしてオープンしたが、1963年に、オーナーが変わりミュージックヴェニューとなってこのムーブメントが始まった。

当初は、週末にライブバンドのパフォーマンスを行って、平日はDJを呼び、ダンスフロアとして使用するスタイルで店を運営していた。
1963の後半に、DJ Roger Eagle(ロジャー・イーグル)というアメリカンソウル専門のDJは
店で定期的にDJプレイに来ては、ソウルをかけていた。
それが後にソウルを聞くクラブなら、Twisted Wheelが一番良いクラブだ。
このような認識がイギリス中に広がっていくことになった。

そして1960年代の後半までに、Twisted Wheelはマンチェスターのモッドシーンの中心になって
全国のダンサーや音楽のファンは土曜日のオールナイトのイベントを参加しにやってきた。

ダンサー達はアンフェタミンを飲み、最高のエクスタシーを感じながら何時間もビートの速いソウルで踊り続けていた。

1971年に、薬物の問題によりTwisted Wheelが閉鎖になったが
このダンスと音楽のシーンはさらに他の北部の都市に広がっていた。


 

 

ノーザン・ソウル(Northern Soul)の絶頂期

 

1970年代の後半は、ノーザン・ソウルのピーク時期だと言われていて、
1970年代の前半から、Wigan Casino(1973 – 1981)やBlackpool Mecca(1971 – 1979)などの代表的なノーザン・ソウルクラブが盛んになった。

1976年まで、Wigan Casinoには、10万人のメンバーがいて
1978年にアメリカのBillboardという雑誌の読者に世界一のディスコとして投票されている。

 

 

ノーザン・ソウル(Northern Soul)・ミュージック

 

アメリカのソウルサウンドは、時代と共に徐々に変わり始めていた。
ファンクや、ディスコやジャズファンクの要素は、少しづつソウル音楽にミックスされ始めてきていた。

しかし、イギリスの北部のダンスクラブのDJは、このトレンドに全く気が付いていかなかった。
むしろ、DJ達は、ダンサー好みのビートの速いレコードを探しだしクラブで流していた。
個人のDJのコレクションをクラブでかけるDJが多く、それが益々人気だった。

その頃、ノーザン・ソウル(Northern Soul)DJの中でも、ライバル関係が現れ始めた。
他のDJより抜きに出るために、アメリカのレアなレコードや
イギリスでリリースされてないレコードを集めてはクラブでプレイした。

また、彼らDJのコレクションしているレコードは、アメリカにおいて、とてもマイナーなアーティストで
レコードをリリースしている元のアーティストたちもイギリスで人気になったことを知らない人も多かった。
また、自分の宝であるレアな秘密レコードを守るために、レコードのレーベル部を隠すDJもいた。

のちに、ノーザン・ソウルのコミュニティーはこう考えるようになった。

『レアなレコードをかけ続けるだけでは、ノーザン・ソウルのコミュニティーで受け入れられない』

ノーザン・ソウルのダンススタイルに合わないようなら、このコミュニティーで人気になることがない。
だが、メインストリームのヒット曲もノーザン・ソウルのシーンには入ることが出来ない。







ミュージックライターのKev Robertsによる、ノーザン・ソウルのトップテンの紹介

 

1. Wilson, Frank – Do I Love You (Indeed I Do) (Soul) (£15,000)
2. Gray, Dobie – Out on the Floor (Charger)
3. Baker, Yvonne – You Didn’t Say a Word (Parkway) (£300 – official issue)
4. Wilson, Al – The Snake (Soul City)
5. Radcliffe, Jimmy – Long After Tonight is Over (Musicor)
6. Fountain, James – Seven Day Lover (Peachtree)
7. Epitome of Sound – You Don’t Love Me (Sandbag)
8. Mimms, Garnet – Looking for You (United Artists)
9. Beverly, Frankie & the Butlers – If That’s What You Wanted (Sassy/Gamble)
10. Wood, Chuck – Seven Days Too Long (Roulette)

 

このリストのナンバーワンのWilson, Frank – Do I Love You (Indeed I Do)というレコードは
超コレクターアイテムとなって、現在では¥210万くらいで売買されている。






ノーザン・ソウルのダンススタイル

 
ノーザンソウルのダンサーは、速い音楽と合わせてステップする。
そして、ブレイクダンスのように、いきなり床にジャンプしたり、回転したりするダイナミックなスタイルで
スライドステップもこのダンスの特徴である。

クラブの床にパウダーを散りばめて、スライドステップをしやすくする。
意外にもノーザン・ソウルシーンはアルコールなどの酒類を嫌い
マラソンのような長いダンスセッションを可能にするために、ダンサーは、アンフェタミンを飲んだ。
音楽と合わせるハンドクラップも、このダンスのジャンルの特徴である。

 

 

Northern Soul - Wigan Casino
Northern Soul - Wigan Casino








ノーザン・ソウルのDJカルチャーと現在のハウスシーンに与えた影響

 
2000年代のスーパーDJカルチャーは、ノーザン・ソウルシーンから発展したと考えられている。
ノーザン・ソウルのDJ達は、レアなレコードコレクションを持っている事から、ファンは自分の好きなDJの音楽を聞く為に、こぞってクラブに遊びに来た。

このノーザン・ソウルのブームにより、イギリスで最初のレコードコレクターや
DJ、レコードディーラーのネットワークが始まったと考えられている。

その後、沢山のノーザン・ソウルDJは、マンチェスターのHaciendaなどのハウス系クラブで活躍していった。






現在のノーザン・ソウルカルチャー

 
ノーザン・ソウルが始まった始めのクラブは、なくなっていったが
ノーザン・ソウルのイベントは、まだとても人気があり、その事も手伝って、近年ではノーザン・ソウルのイメージを
イギリスのラップアーティストやソウルシンガーのビデオやアルバムカバーで見ることができる。

また、ノーザン・ソウル関係のドキュメンタリーや映画も作られ始めている。

 

 

 


ノーザン・ソウルの作品紹介


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ノーザンソウルのグッツ紹介

 
 


Northern Soul
Northern Soul Buy This at Allposters.com




Northern Soul
Northern Soul Buy This at Allposters.com











Share This Post