アフガニスタンのスケートボードスクールのドキュメンタリー映画:スケーティスタン

アフガニスタンのスケートボードスクールのドキュメンタリー映画:スケーティスタン


アフガニスタンを舞台に繰り広げられるスケートボードスクールのドキュメンタリー映画

 

「スケーティスタン」とは?

「スケーティスタン」は、2007年にアフガニスタンで設立された非営利組織(NPO)である。
スケーティスタンは、スケートボードを教えるスクールとして作られたが、現在ではスケートボードのスキルだけでなく、カーブルのストリートキッズの為に一般教育の授業も行なっている。

現在では、350人の生徒がスケーティスタンに通っており、その中には、アフガンの少数民族の子供達も含まれている。
また、その生徒の中の40%は女の子である。

2010年に、このNPOの活動にフォーカスしたドキュメンタリー映画「スケーティスタン」が公開された。
この映画は、サンダンス映画祭で上映され、多くの高評価を得た。

 

スケイティスタン:ドキュメンタリー映画
スケイティスタン:ドキュメンタリー映画


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スケーティスタンの成り立ちと歴史

 

2007年に、オリヴァー・パーコヴィッチというオーストラリア人は、アフガニスタンを旅した。
彼は、3つのスケートボードを持参し、ストリートで地元の子供達と共にスケートボードをした。
ベーシックなスケートボードのスキルしか教えられなかったが、彼はスケートボードが、この国のコミュニティーによいアクティビティーだと感じた。

アフガニスタンでは、女の子に対して、性別的な差別が多く、社会進出の機会が少ない事から
女の子達のためにポジティブなチャンスを作りたかった。
パーコヴィッチは、スケートボード業界や世界中のチャリティーから寄付金を募り、「スケーティスタン」というNPOを設立した。
続く2009年には、スケーティスタンのインドア・スケートパークが出来上がった。

 

 

スケーティスタンのアクティビティー

 

現在、350人くらいの子供達がスケーティスタンのスケートスクールに通っている。
生徒の年齢は、5歳から17歳までの子達で、貧しい家庭の子供もいれば、政治家の子供まで通っている。
文字の読めないストリートキッズが多い事から、リーディングの授業も行われている。
また、子供によって教育水準が違うために、誰でも楽しめるフォトグラフィーやアート、演劇などのアクティビティーも行われている。

スケーティスタンはNPOである事から、今までは、様々な国からの寄付金で運営されていた。
しかし、今後はブランドとのスポンサーシップによって、自立を目指すようだ。

 

スケーティスタンのドキュメンタリー映画

 

実は、スケーティスタンのドキュメンタリーに関して、2つのドキュメンタリーが作られていた。
2010年に、作られた始めの作品は、9分の短いドキュメンタリーとして公開された。
同年に、もう一つの作品として、「Skateistan: To Live and Skate Kabul」が、インターネット上でリリースされた。
この映画は、2011年のサンダンス映画祭で二つの賞を受賞した。

続く2011年に、「Skateistan: Four Wheels and a Board in Kabul」というドキュメンタリー映画が公開された。
このバージョンは、前作よりもさらに長くなっている。イギリスのシェフィールド映画祭で上映され「Best Cultural Film」という賞を受賞した。

www.skateistan.org


 

 





Share This Post