バスケットボール映画のベスト10の紹介

バスケットボール映画のベスト10の紹介

カルチャーも学べる:バスケットボール映画のベスト10



今回紹介するのは、ストリートカルチャーやアメリカの社会のブラックカルチャーも同時に理解できる
バスケットボール映画ベスト10ランキングの紹介です。



バスケットボール映画のベスト10
バスケットボール映画のベスト10







1.    ラストゲーム (He Got Game) (1998)





このクラシックなバスケ映画は、NYのBrooklynが舞台である。監督はスパイク・リー(Spike Lee)である。

主人公のジーザス(Ray Allen)はバスケが上手な高校生である。
お父さんのジェイク(Denzel Washington)は母親殺しの罪で刑務所にいる。

刑務所のボスの出身校に入学させるために、ジェイクは早く出所させる。
ジーザスはどの道を選べるのでしょうか・・・。





2.  コーチ・カーター(Coach Carter) (2005)





Samuel L. Jacksonが出演する実話である。
成績不振の為、高校バスケチームの監督のケン・カーター(Jackson)は選手全員を差し止める。




3.    アバーム・ザ・リム(Above the Rim) (1994)





NYのHarlem(ハーレム)が舞台である。高校バスケチームのスターと友達との関係がストーリである。
ラッパーのトゥーパック・シャクール(Tupac Shakur 2PAC)が出演する。


この映画のサントラに収録されている
WARREN-GのREGULATEや2PACのPAINはウェストコーストではクラシック。




4.    ハード・プレイ(White Men Can’t Jump) (1992)





白人バスケ選手のビリー(Woody Harrelson)はフッドでハッスルしている。

フッド内で白人というハンデを負いながらハッスルするビリー。
ローカルの黒人は、彼がバスケできないと思い、お金をかけるためにワン・オン・ワンでチャレンジする。
舞台は、ストリートカルチャーの本場L.A.ヴェニス・ビーチで行われる。





5.   ザ・コーチ~勝利のダンク(Sunset Park) (1996)






NYのSunset Parkというエリアが舞台である。
白人女性の体育教師は男子高校のバスケチームの監督になる。





6.   勝利への旅立ち(Hoosiers)(1986)






1950年代前半のインディアナ州が舞台である。

1951年、インディアナ州の小さな田舎町。
名門大学チームのコーチとして活躍しながら、選手への暴力が原因で
バスケットボール会を追放されていたノーマン・デイルが、高校チームのコーチとして赴任する。

前任コーチのショックに死にショックを受けたスター選手がチームを離れ
残されたメンバーと練習を開始したノーマン。

しかし田舎町の保守的な人々は彼のやり方が気に入らずなにかと口をはさむ。
スター選手のいないチームを育てるのには数々の困難が立ちはだかる。




7.    グローリー・ロード(Glory Road) (2006)





この映画は、実話に基づいたストーリーで作られている。
監督は、テキサス州の最初の全員黒人チームを作り、人種差別をバトルしながら成功していく物語。






8.    ヘブン・イズ・ア・プレイグラウンド(Heaven is a Playground) (1991)





あまり知られていないインディーズ映画である。
シカゴのサウスサイドが舞台で、バスケットボールの監督と弁護士は、共にゲットーのバスケチームを育成に励む。
スポーツとライフのドラマティックなストーリーである。






9.    ハード・チェック(Blue Chips) (1994)





バスケスターでその後、ラッパーとしてエリックサーモンなどに支えられて活動した
Shaquille O’Neal(シャキール・オニール)が出演する。
大学バスケと大企業のグレーな関係を暴くドラマである。






10.    バスケットボールダイアリーズ (Basketball Diaries)(1995)





アメリカの黒人社会に基づいて作られるバスケットボール映画は、多いが、本作はハリウッドセレブのLeonardo di Caprio(レオナルド・ディカプリオ)が出演する。ドラッグ中毒の主人公の生活はバスケットボールを中心にした生活。
バスケットボールは彼のライフの暗喩になる。

 

 




Share This Post

Post Comment