パルクールとインラインスケートのニューヒーロー:マチュー・レドゥー(Mathieu Ledoux)

パルクールとインラインスケートのニューヒーロー:マチュー・レドゥー(Mathieu Ledoux)


Mathieu Ledoux(マチュー・レドゥー):パルクールとインラインスケートの融合を試みたパフォーマー


Mathieu Ledoux (マチュー・レドゥー)とは、カナダ出身にて
スケーター、パルクール選手、スタントマンとして活躍している人物。

彼は元々インラインスケーターであったが、スケートのパフォーマンスにパルクールの要素を入れた
新しいユニークなスタイルを開発したパイオニアだ。

彼は、このオリジナルなスタイルで「自由」というコンセプトを表現している。


Mathieu Ledoux
Mathieu Ledoux





現在、28歳のマチュー・レドゥーは、17年前に初めてスケートをし始めた。
彼のスポーツに対するパッションはエスカレートし、スケート以外に、さらに危険を伴うスポーツを好んで行ってきた。
プロスタントマンとしても働いていた経験があり、300やRollerballなどの有名な映画に出演した経験もある。

20代の後半になってからは、インラインスケートから少し遠ざかり
パルクールというストリートスポーツをし始めた。

パルクールは、スポーツとしてだけではなく、空手やカンフーなどの格闘技と同じように
スピリチュアルな考えや生き方が必要な競技。

その後、パルクールにおいて高いスキルを得たのち、またインラインスケート界に戻り活動を開始した。

パルクールの動き方と考え方を持ち込んだ彼のスタイルは
スケートコミュニティーに新たなスタイルを紹介した。

彼のユニークなスタイルの影響により、多くの人にインラインスケートの存在をアピールした。
インラインスケートというストリートスポーツは未だアンダーグラウンドであるが
彼のプロモーションと影響もあって、最近ではまた人気を取り戻してきている。

マチュー・レドゥーは、2011年の夏にイギリスのChannel 4によって上映された
Concrete Circusというストリートスポーツドキュメンタリに出演した。












Share This Post