アメリカとメキシコのボーダータウンCiudad Juárezに生きるラップのメッセージ


アメリカとメキシコのボーダータウンCiudad Juárezに生きるラップのメッセージ


Ciudad Juárezとは、アメリカとメキシコのボーダータウンである。

2008年の1月以降、この街では8,500件の殺人事件があった。
この皮肉なまでに残酷な現実は、街の若者にとって、やはり大変な影響を与えている。


この耐えがたい現実社会と不満を表現するために、若者達はヒップホップという音楽のツールを使って
この街の現状と自分達の気持ちをメッセージとして表現している。


ghetto rap message
Ciudad Juárez ghetto rap message






Axer Kamikazeという、Ciudad Juárezのローカルのラッパーは
プロテストや、耐え難い不満が、彼のヒップホップスタイルのパワーになっている。

以上の理由からも、Ciudad Juárezの若者にとって
ヒップホップは単なる音楽の一ジャンルではなく

自分達の日々の気持ちを表現する理想的なメディアになっている。



copyright Source: Rancho Aparte Films






Share This Post