ラップのゴッドファーザー:ギル・スコット・ヘロン

ラップのゴッドファーザー:ギル・スコット・ヘロン

ギル・スコット・ヘロンのアーティストヒストリー

 

ギル・スコット・ヘロン・(Gil Scott-Heron)とは

詩人、作家、音楽家として活躍していたアメリカ人のアーティスト。
彼の詩のスタイルは、現在のヒップホップとソウルに強い影響を与えた。

彼の代表作品とも言えるレコードは、The Revolution Will Not Be Televisedという作品である。
ギル・スコット・ヘロンは、1949年にイリノイ州のシカゴ市で生まれた。

父親は、ジャマイカの出身のサッカー選手で、スコットランドのセルティックというチームでプレイしていた
彼は、セルティックのチームメンバーとして最初の黒人の選手であった。


2歳の頃、両親が離婚し、テネシー州の祖母と一緒に住むようになった。
その後、12歳の頃、祖母が亡くなり母親と一緒にニューヨークのブロンクスに引越した。

ペンシルバニア州のリンカーン大学に入学して、ブラック・アンド・ブルーズというバンドを作った。
大学の二年生の頃、自主退学した彼は、最初の小説を書きはじめた。


gill scotto heron
gill scotto heron


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギル・スコット・ヘロンの音楽活動

 
最初のレコードは、1970年にリリースされたSmall Talk at 125th and LenoxというLPであった。
このアルバムのテーマは、メディアや消費主義やインナーシティーの問題をクローズアップしたものだった。
この曲のスタイルは、パーカッションと詩だけで構成されている。

1971年に作ったアルバム(Pieces of a Man)は
最初の曲より一般的な音楽で構成された作品に仕上がった。

その後、ブライアン・ジャックソンという音楽家と共に沢山のアルバムを作った。
1979年には、マディソン・スクエアー・ガーデンの反核運動コンサートで曲を披露した。

1985年に、Artists Against Apartheid(反人種隔離プロテスト)のSun Cityというアルバムに参加。
この曲は、アメリカの人種差別の問題と、南アフリカのアパルトヘイト制度を比べるという観点で作られた。


ギル・スコット・ヘロンの晩年

 
2001年に、薬物不法所持で刑務所に入り、2003年出獄したが2006年にまた刑務所に入った。
2008年に、人免疫不全ウイラスという病気あるという事が確認された。

2011年の5月27日にニューヨークの病院で亡くなった。

 

 

 


ギル・スコット・ヘロンの音楽界への影響

 
ギル・スコット・ヘロンの詩は、現在のラップアーティスト達に影響を与えた。
彼のスタイルは、詩とラップリリックの間にあった。
フックを繰り返して、リリックのプログレッションもラップ的なものが多かった。

彼の死に対して、様々なラッパーやアーティストは愛情とリスペクトを送った。
ラッパーのEminemは、「ギル・スコット・ヘロンはヒップホップを全てに影響を与えた」と言った。



ギル・スコット・ヘロンの作品紹介

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




Share This Post

Post Comment