Def Jam Recordings(デフジャム・レコーディングス)の25年間

Def Jam Recordings(デフジャム・レコーディングス)の25年間


Def Jam Recordings(デフジャム・レコーディングス):25年間

 

Def Jam Recordingsとは、メインストリームの世界に
ヒップホップ音楽を紹介した老舗レコードレーベルである。
この業界内でも、最も有力なレーベルとして知られている。

 

Def Jam Recordingsは、今ではパイオニアとなった
沢山のヒップホップアーティストを見付けて
メインストリームの音楽ファンに紹介していったお陰で
世界中のミュージックシーンに強い影響を与えた。

 



Def Jam Recordingsは1984年にニューヨークで創立された。
オーナーは、Rick Rubinというニューヨーク大学の大学生と
Russell Simmons(ラッセルシモンズ)というミュージックプロモーター。

 

当初から、アンダーグラウンドやアーティーなヒップホップ音楽をサポートする目的で始めた。

 

以来、三年以内にLL Cool JやBeastie Boys、Public Enemyなどの
今では、誰もが知っているHIPHOPアーティストを
全てDef Jam Recordingsがマネージしていた。

 

def jam recordings
def jam recordings


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃、ヒップホップというジャンルは、まだアンダーグラウンドで
メインストリームのブラックミュージック関係のレーベルには、あまり歓迎されず
十分なサポートは受けられなかった。

 

 

1987年には、イギリスとヨーロッパにヒップホップを紹介する為にDef Jamツアーを行った。
Public EnemyやLL Cool J、Eric B and Rakim(Def Jamのアーティストではないが
Simmonsにマネージされていた)などのアーティストはイギリスの様々な都市でライブを行った。

 

 

ヨーロッパのファンは初めてヒップホップを体験し、強い音楽カルチャーの影響を受けた。
1960年代のBeatlesと同様に、HIPHOPも音楽レボリューションの
きっかけになったと思っても過言ではない。

 

Def Jamのマネジャーはよく変更される事がある。
Rick Rubinは1988年にDef Jamを去り、自身の新しい会社を作った。

現在でも彼は活躍し、とてもリスペクトされているプロデューサーの1人である。

 

2000年代に、ドイツでDef Jamの初めての海外支社が設立された。
アメリカのアーティストはもちろん、ドイツのラッパーやアーティストもプロモーションしていった。
第二の海外支社は、2000年に東京で創立された。

 

 

Teriyaki Boyzや、AIや、Nitro Microphone Undergroundなどのアーティストと契約を結んだ。
その頃、Jay-Z(ラッパー)は同レーベルのCEOになり、その彼の功績により
RihannaやNe-YoやKanye Westなどの新しいアーティストのキャリアが始まった。

 

Def Jamは、ヒップホップの歴史には、切っても切り離せない
とても重要なレーベルであるために、ヒップホップ関係の本や映画に出る事が多く
1985年のKrush Grooveという映画は、Def Jamの創設時に基づいて作られている。

 

 

また、Universal Music GroupはDef Jamの親会社にあたる。

 

 

 

☆def jam recordings 作品紹介☆

 

 


Def Jam Recordings: The First 25 Years of the Last Great Record Label
 

 

 


Def Jam Greatest Hits
 

 

 


Krush Groove [VHS] [Import]
 

 


 

 





Share This Post