ノーザン・ソウルカルチャーを背景に繰り広げられる映画:Soulboy(ソウルボーイ)

ノーザン・ソウルカルチャーを背景に繰り広げられる映画:Soulboy(ソウルボーイ)

ノーザン・ソウルカルチャー映画:Soulboy(ソウルボーイ)



イギリスのノーザン・ソウルというユニークなユースカルチャーは、現在、イギリスを中心に世界でリバイバルの兆しが見られる。

現在も、すでに「Northern Soul」というタイトルの映画が製作中で、世界中のノーザンソウルファンたちは
この映画の公開を心待ちにしている状況だ。しかし他にも、もう一つのノーザン・ソウル関連の映画が2010年に公開されている。
今回は、その2010年に公開されたノーザンソウル映画「Soulboy」を紹介。



ノーザンソウル映画:Soulboy
ノーザンソウル映画:Soulboy




ノーザンソウル映画:Soulboy
ノーザンソウル映画:Soulboy









Soulboy(ソウルボーイ)のストーリー


「Soulboy」(ソウルボーイ)は、2010年に公開された映画で
アイルランド人のドキュメンタリーメーカーのShimmy Marcusに監督された。

主人公のジョーという17歳の少年は、イギリスの北部の街に住み、何も変わり映えしない、退屈な日常生活を送っていた。
しかし、ノーザン・ソウルファンである、ジェインという女の子と恋に落ちた。
彼女のお陰で、ジョーは、ノーザンソウルの音楽とダンスカルチャーに魅了された。
このカルチャーの影響で、ジョーのライフが少しづつ変化していった・・。


Soulboyは、映画評論家からポジティブなレビューを受けていたが、内容がジョーのラブストーリーにフォーカスされていた為に
コアなノーザン・ソウルファン達の一部には、ネガティブなレビューを受けた。

また、映画の終わりには、ダンス・バトルが行われるが、当時のウィガンでは
ダンスバトルよりも殴り合いの喧嘩の方が多かったそうだ。

Soulboy(ソウルボーイ)は、当時のイギリスのファッションや、音楽、社会問題を感じることが出来る作品としては
ノーザン・ソウルファンに、受け入れられているようだ。

映画のサウンドトラックは、ポール・ウェラーや、ダフィーや、フィーダーなどのアーティストによって制作された。
当時のノーザン・ソウルクラシック曲の数々がサウンドトラックに使われている。



Soulboy(ソウルボーイ)オフィシャルサイト


映画 Soulboy(ソウルボーイ)





Soulboy(ソウルボーイ)の作品紹介







Share This Post