世界のグラフィティーアートカルチャーを紹介するドキュメンタリー映画:Bomb It

世界のグラフィティーアートカルチャーを紹介するドキュメンタリー映画:Bomb It

グラフィティーアート映画:Bomb It

 

Bomb Itは、グラフィティーアートにテーマをあてたドキュメンタリー映画である。
2007年のトライベッカ映画祭で初めて上映されたこの作品は、アメリカ人のディレクターのジョン・ライスによって監督された。

Bomb Itは、世界中のグラフィティーブームを追いかけたストーリー展開になっており
ケープタウンや、サンパウロ、ロンドンや、パリなどの大都市のグラフィティーシーンを収録している。
そして、現在活躍しているグラフィティーやストリートアーティストのインタビューも収録。

このドキュメンタリーは、アーティストとグラフィティーファンの立場からの意見だけではなく
反グラフィティーアートを唱える人々や、行政などの政府機関で働く人々のインタビュー等も収録されている。
この映画によって、ストリートアートとグラフィティーの本当の価値が論じられている。

Bomb Itには、多くのパイオニアアーティストが出演している。


 
グラフィティーアート映画:Bomb It
グラフィティーアート映画:Bomb It

 

 


グラフィティーアート映画:Bomb It
グラフィティーアート映画:Bomb It

 
 



Bomb It出演するストリート・グラフィティアーティスト

 

Shepard Fairey
Os Gemeos
・TAKI 183
・Zephyr,
・Cornbread
Daim
Blek le Rat
・Ash
・Skuf
Revok
Ron English
Chaz Bojorquez
Lady Pink
Pez
Sixeart

など。




Bomb Itの続編:Bomb It 2

 
Bomb It2 は、Babelgumというウェブ放送サイトに依頼されて制作されたサイトである。
ジョン・ライス氏が、アジア、オーストラリアや、中東などのグラフィティーシーンを探しに行くストーリー内容。





Bomb Itの作品紹介

 
 
 
 





Share This Post