ブラック映画紹介:ソウルミュージックのドキュメンタリー映画:「ソウル・パワー」

ブラック映画紹介:ソウルミュージックのドキュメンタリー映画:「ソウル・パワー」

ザイールのソウルミュージックのドキュメンタリー映画:「ソウル・パワー」


 

ソウル・パワーというドキュメンタリー映画は、2008年に公開された。
1974年にザイール(現・コンゴ民主共和国)で行われたソウルミュージックフェスティバルにテーマをしぼり撮影されたドキュメンタリー映画である。
James Brown(ジェイムズ・ブラウン)や、B.B King(ビービー・キング)などのブラックミュージックの大御所ドが多数出演する。
このフェスティバルは元々、モハメド・アリ対ジョージ・フォーマンのボクシングの試合(「キンシャサの奇跡」)のプロモーションイベントになるつもりだった。


 
 

ソウルパワー(soul power)
ソウルパワー(soul power)


 
 

ソウルパワー映画(soul power)
ソウルパワー映画(soul power)


 
 


「ザイール74」というミュージックフェスティバル

 
モハメド・アリ対ジョージ・フォーマンのは試合は、1974年9月に行う予定だった。
この闘いは、今は大物となったボクシングプロモーターのドン・キング氏が初めて手掛けたイベントであったことから、運営資金が足りなかった。
資金を調達するために、ザイールの大統領の招待を受け入れて、ザイールのキンシャサ市で試合を行うことになった。

ボクシング試合のプロモーションのためには、3日間のミュージックフェスティバルもオーガナイズされた。
有名なアメリカ人のブラックアーティストは勿論、地元のアフリカ人のミュージションも多数出演するつもりであった。
そして、このイベントによりアメリカの黒人とアフリカの黒人が共に協力し、活動するコンセプトを実行しようと試みていた。

この試合とミュージックフェスティヴァルは1974年の9月に行う予定であったが、ジョージ・フォーマンが怪我をした為に、試合は10月まで延期された。
ミュージックフェスティバルの日は、もうすでに決まっていて、延期もでききなかった。
もし、ボクシングファンがこの試合を観れないとなると、キャンセルが続出してフェスティバルを観にくる人が少ないのではないかと思われたが
最終的には、8万人の観客が会場に押し寄せた。
ミュージックフェスティヴァルは大成功収めて、このイベントは伝説のイベントとなった。


 
 
soul power movie congo
soul power movie congo

 
 


ソウル・パワーの映画紹介

 
ソウル・パワーの監督は、ザイール74のコンサートのオリジナル動画をフルに使用し作品を制作した。
当時のミュージックカルチャーとフェスティヴァルのバックストーリーをクローズアップしており
31つのミュージション・グループが出演し、その中には17つの地元グループが含まれている。
アメリカのファンクミュージックのキングこと、James Brown(ジェイムズ・ブラウン)や、B.B King(ビービー・キング)などのアーティストが出演。
ラテン音楽のファニア・オールスターズや、シリア・クルーズも出演した。

 
 


 




Share This Post