グラフィティドキュメンタリー映画:Style Wars(スタイル・ウォーズ)1983年のニューヨークストリートカルチャー映画

グラフィティドキュメンタリー映画:Style Wars(スタイル・ウォーズ)1983年のニューヨークストリートカルチャー映画

ニューヨークのグラフィティカルチャーのドキュメンタリー映画:Style Wars(スタイル・ウォーズ)


Style Wars(スタイル・ウォーズ)は、1983年に封切られたグラフィティドキュメンタリー映画である。
主に、グラフィティカルチャーが一番クローズアップされている映画ではあるが
当時のヒップホップカルチャーの全ての要素が見ることが出来る貴重な映像となっている。


この映画は、Tony Silver(トニー・シルヴァー)と
Henry Chalfant(ヘンリー・チャフォント)によって監督され

当初は、テレビにて放送されたが、その後バンクーバー映画祭と
ドキュメンタリー映画の祭典で有名な、アメリカのサンダンス映画祭に上映された。
結果、サンダンス映画祭の「グランド・ジューリー・プライズ」という賞を受賞した。

 

Style Wars
Style Wars


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Style Wars(スタイル・ウォーズ)のストーリーとニューヨークのグラフィティカルチャー全貌


Style Warsは、1980年代後半のニューヨークヒップホップカルチャーのシーンを中心に
当時活躍していたアーティストのインタビュー
彼らのライフスタイルやアートに対する意見も収録している。

また、アーティストの意見だけではなく
ニューヨークの市長や警察官、アート関連の専門家などの意見も収録されている。


このドキュメンタリーは、映画評論家の間でも評価が高く
当時の新しいカルチャーブームの記録フィルムとしての価値も高い。

Style Wars(スタイル・ウォーズ)は
1980年代のヒップホップカルチャーの産声の瞬間と
ストリートカルチャーの哲学をクローズアップしている。

 

Style Wars(スタイル・ウォーズ)作品紹介


 
 
 
 
 
 




Share This Post