野生で暮らしていた元ギャングのアーティストドキュメンタリー映画:Calvet 

野生で暮らしていた元ギャングのアーティストドキュメンタリー映画:Calvet 


アーティストドキュメンタリー映画:Calvet 


 

このドキュメンタリーは、フランス出身のコンテンポラリーアーティスト
Jean Marc Calvetが、誕生するまでのライフストーリーである。

7年ほど前まで、彼は野生で暮らしていた為に
アート描く為のペイントブラシさえ持った事がなかった。

しかし現在、彼の作品は数千ドルで取引されるまでに成功した。
そんな、彼のライフスタイルを変えたアートのパワーを見せてくれる映画を紹介。



Calvet
Calvet


 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は、元ストリートキッズで幼少の頃に虐待を受けた経歴がある。
成人してからは、フランスの外国人部隊に入隊しボディーガードとして活躍していた。
そして、ギャングメンバーとしての経歴もある。

 

Jean Marc Calvet
Jean Marc Calvet


 

38歳の時に大金盗み、そのまま南米のコスタリカに逃げ身を隠した。

後悔の念を感じ、自らの命を断とうとした。
コスタリカの家の中で、毎日ドラッグとアルコールだけを摂取し死を待ち望んでいた。

 

しかし、なかなか死ね事ができず
その代償として、今度は心理的な地獄に陥った。

体重は激減し、偏執病になり、幻覚症状を見た。
文字通り死の渕にいた。
その後、体調、精神が最低にまで達した時に、ふと家の階段の下にペンキの缶を見つけた。
猛り狂ったJean Marc Calvetは、体とペンキを壁に投げつけた。

次の日、起床後にペンキと血だらけの壁を見て
自身の今までのライフスタイルに対しての後悔や憤りを始めて見た。
そこで、はじめてアートのパワーを理解した。

 

その日以来、Jean Marc Calvetは絵を描き続けている。
彼の才能は、アート界に認められ、アーティストとしての才能を開花させ成功した。

アートを始める前まで、アーティストの名前や、アートテクニックなど
一切なにも知らなかったために、周りからの影響はなにもない。

彼の作品は全て、己の自己表現がゆえに、かなりユニークなスタイルだ。
グラフィティ系の作品もあり、イラスト系の作品もある。
現在はニカラグアに在住で、アート活動をおこなっているが
ニューヨークのギャラリーでもよく展示を開く事が多い。

 

アーティストとしては、成功して後も、彼のパーソナルなストーリーは終わっていない。
というのも、コスタリカに逃げた当時に、6歳の息子を残して見捨てている。
このドキュメンタリーは、彼の子供の捜索シーンも収録している。

 



 

URL:http://calvetmovie.com/

 

 

 

 

 





Share This Post