ストリート系アーティスト:Hense (ヘンス)

ストリート系アーティスト:Hense (ヘンス)


ストリート系アーティスト:Hense (ヘンス)
Hense(ヘンス)は、アメリカの南部出身のストリート系アーティストである。
アーティストとしてキャリアは約20年間。

彼の作品の特徴は、自由に流れるラインや
抽象的な形状によって描かれている。

1990年代の後半から、アメリカのアトランタ市のストリートで
グラフィティーアーティストとして活躍し始めた。

 


Henseは、1999年までに”オール・シティー・ステイタス”を達成した。
その結果として彼の作品をアトランタ中で見る事ができた。

※オール・シティー・ステイタスとは
自身の作品で町中を埋め尽くす事。
グラフィティーアーティストにとって、栄誉あるムーブ。

Hense(ヘンス)
Hense(ヘンス)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカでは、11市に作品を描いた経験があり、海外でも活躍していて
スペインや、フランス、日本、台湾、メキシコでも、彼の作品が見られる。

 

彼はストリートでテクニックを磨いたが
現在、スタジオワークを中心に活動している。

 

 

グラフィティーだけではなく、スクリーンプリントやペインティングも制作している。

多くの展示を開催していて、彼の作品は様々な国や人に受け入れられている
アートカルチャーマガジンJuxtapozにも掲載されている。

 

東京、台北、バルセロナでも展示会を開催した経験があり
現在、アトランタ市の政府に頼まれて、The Atlanta Beltlineという
アーバン都市開発プロジェクトのためミューラルを描いている。

 

 

 

Juxtapoz Illustration
 

 


Juxtapoz Poster Art
 

 

 

 





Share This Post