Afro cuban (アフロキューバン)ダンスのルーツrumba(ルンバ)について


Afro cuban (アフロキューバン)ダンスのルーツrumba(ルンバ)ついて




アフロキューバンダンス・ルンバ

 

ルンバ(rumba)のルーツについて




ルンバ(rumba)という単語は、沢山の意味が含まれている。

社交ダンスには、ルンバという踊り方があるが、これは誤称である。

社交ダンスのルンバは、ルンバ音楽ではなく

実はソン・ボレーロという音楽の種類を使っている。

そして、ルンバというアフリカのポップ音楽もあるが、この音楽のルーツは違う。


 

 

 

アフロキューバンルンバとは

19世紀の後半に発展された音楽とダンスのジャンルである。

アフリカからキューバへ行かせられた被慮人と

スペイン人のcolonialに持って行かれた音楽から発展した。

 

 

サルサ音楽と同じように、アフロキューバンルンバのリズムは

クラーベという楽器の拍子(スリーツー)に基づいている。

コンガや他のパーカッション楽器も使われている。

アフリカのトライバル音楽によく似た特徴を思っている。

 

 

 

アフロキューバンルンバの三種類

 

この音楽の中には、ヤンブ(yambu)、ワワンコ(guaguanco)、コルンビア(columbia)という三種類のスタイルがある。

一番人気のあるスタイルはワワンコである。

 

 

ヤンブは、リズムが遅くて、一番古いスタイルだと言われいて

“お年寄りのルンバ”と呼ばれる事もある。

 

なぜかというと、ヤンブのダンサーは
お年寄りの繊弱で遅い動きを真似するのである。

このダンスは、女の子一人で、男の一人で、男女ペアーとして踊られている。

 

 

 

ワワンコの音楽は、ヤンブの拍子より早くて、もっと複雑なリズムが使われている。

ワワンコのダンスは、男の子と女の子のペアーダンスで

女の子が雌鳥を真似して、男の子が雄鶏を真似する。

 

男の子は、ヴァクナオ(vacunao)という生地を持って

女の子を踊り回しながら、女の子の骨盤をタッグするようにしている。

 

その際に女の子は逃げるようにしている。

ヴァクナオの概念は、アフリカのユカかマクトというトライバルダンスのルーツがある。

 

 

 

コルンビアは、ルンバの一番速いスタイルである。

ダンスは男の子しか踊らない。

コルンビアのダンサーは、自分のスキルやパワーを他の男性に見せる。

 

 

コルンビアのダンススタイルは

キューバのエル・フエゴ・デ・マニという格闘技の要素が含まれている。

他のダンススタイルで言うならブラジルのカポエイラに似ている。

スペインのフラメンコとコンゴのダンスの要素も含まれている。

 

 

 




Share This Post

Post Comment