ブレイクダンス歴史のドキュメンタリー映画:The Freshest Kids

ブレイクダンス歴史のドキュメンタリー映画:The Freshest Kids

The Freshest Kids(ザ・フレッシェスト・キッズ)



The Freshest Kids(ザ・フレッシェスト・キッズ)とは、2002年に封切られたドキュメンタリー映画である。
「Israel」というディレクターに監督され、アフリカ・バンバーターや、Fab Five Freddyや、DJクール・ハークや、ロック・ステディー・クルーなどのヒップホップダンス・音楽のパイオニアが出演するドキュメンタリー映画。



The Freshest Kids(ザ・フレッシェスト・キッズ)のカルチャー的な側面と評価



このドキュメンタリー映画は、よく海外メディアにおいて「ヒップホップドキュメンタリー映画のベスト10」のようなリストに掲載されている事が多い。
そして、B-boy系映画のトップ3リストでも、最も良い映画にランクインされている事が多い(例えば他のモノは、Beat StreetWild Style)。

特に、ブレイクダンス歴史を中心としている、ドキュメンタリーの中では一番詳しい映画として認められいている。
また、ブレイクダンスだけではなく、ヒップホップカルチャーの他の要素(グラフィティー、DJ、MC)とのつながりも紹介している。


ブレイクダンス映画:ザ・フレッシェスト・キッズ
ブレイクダンス映画:ザ・フレッシェスト・キッズ





ブレイクダンスは、1970年代の後半にニューヨークのブロンクスで生まれたダンスカルチャーである。
その頃、ヒップホップは、とても狭いシーンであったが、1980年代の前半にFab Five Freddyのようなパイオニアは、様々な知り合いやコンタクトを通して、ニューヨークのメインストリームに紹介していった。

それ以来、ヒップホップカルチャーは、世界中に広がってきたし、世界中の人々に楽しまれている。
このドキュメンタリーは、ヒップホップのルーツから、今日におけるダンスカルチャーまでの進化を紹介している。

現在、日本でも、一般化してきたヒップホップダンス。
特に、ヒップホップダンスのダンスカルチャーのルーツを詳しく理解したかったら、このThe Freshest Kidsというドキュメンタリー映画はおすすめ。


The Freshest Kids(ザ・フレッシェスト・キッズ)














Share This Post