ブレイクダンス映画:ターン・イット・ルース(Turn it Loose)

ブレイクダンス映画:ターン・イット・ルース(Turn it Loose)


ターン・イット・ルースについて


Turn it Loose(ターン・イット・ルース)は、2009年に公開されたブレイクダンスのドキュメンタリー映画である。
南アフリカで行われたブレイクダンス大会を中心にしたストーリーである。

2007年の9月に、南アフリカのソウェトにて世界で活躍しているBボーイ達が集まった。
16人のトップダンサーが廃倉庫にて、ダンスバトルを行いダンスの世界チャンピオンを決める。



ターン・イット・ルース
ターン・イット・ルース






映画に出演する16人のダンサーは、世界中から集まった兵のブレイクダンサー。
その中でも、6人のダンサーをクローズアップしている。タイスケという日本人トップダンサーも出演する。

ダンサーと大会のストーリーだけではなく、ブレイクダンスの歴史とカルチャーにも触れている作品で
ダンス映画としてだけでなく、ブレイクダンスが生まれてからの30年間の長い歴史を感じる事ができる内容。




ターン・イット・ルースのトレーラー






ターン・イット・ルースの作品紹介









Share This Post