BMX(ビーエムエックス)のフリースタイルパーク:「The Pool」(プロジェクト)

BMX(ビーエムエックス)のフリースタイルパーク:「The Pool」(プロジェクト)


ナイキのBMX(ビーエムエックス)パーク:「The Pool」(プロジェクト)

 

東ロンドンのダゲンハム(Dagenham)という街では、あるユニークなプロジェクトが行われている。

Nike(ナイキ)のスポンサーシップマネーによって、現在は既に使用されてない公立プールを
BMX用のフリースタイルパークに改装した。

このプールは、1970年代に立てられてもので、2011年の6月には取り壊される予定になっている。
また、隣には、既に新しいスポーツセンターが完成しており、このプールは駐車場になる予定だ。
その間、このBMXプロジェクトは、期間を限定されて運営されている。


NikeのPR部は、沢くの費用を使い、プールの水底や、飛び込み用の板、プールサイドを木材でカスタマイズして、アメリカ以外の国でも、最高のフリースタイルBMXパークを完成させた。また、同施設のいい点は、BMXを所持していれば誰でも、無料で入って設備を使う事が出来る。また、BMXのレッスンも開かれている。今までに、4千人以上のBMXライダーが来場し、The Poolを使用した。オープニングの日には、世界中のBMXプロライダーが集まり戦った。



BMXパーク:「The Pool」(プロジェクト)その後の動き

 

このプロジェクトに対して、様々な反応があった。
ローカルエリアの人達は、まず、プロジェクトの値段に異議を立てたが

Nikeサイドは、プロジェクトが終了後に、ローカルの公立学校に設備を渡す事を条件にして和解した。

BMXコミュニティーの反応は、やはりとてもポジティブであり、「The Pool」の閉鎖をプロテストしていて
閉鎖の期間延長を申し立てている。この件に関して「セーブ・ザ・プール」というFacebookのプロテストページでは、既に3000人のメンバーがいる。

このユニークなBMXフリースタイルパークは、結局は、閉鎖してしまうかもしれないが
ダゲンハムという街に期間限定で現れた同施設では、世界レベルのBMXライダー達と交流ができるだろう。
同時に、「The Pool」がなくなった後でも、BMXパークの一つがあったという歴史は後世まで語られるであろう。

 




The Pool, Dagenham (フリースタイルスケートパーク)
The Pool, Dagenham (フリースタイルスケートパーク)



 


BMX(ビーエムエックス)関連商品紹介

 
 


 

 


 

 



 





Share This Post

Post Comment