ズート・スーツ・ライオット (Zoot Suit Riots)の歴史

ズート・スーツ・ライオット (Zoot Suit Riots)の歴史


チカーノカルチャー:ズート・スーツ・ライオット (Zoot Suit Riots)の歴史

 

ズート・スーツ・ライオットとは
 
1943年6月3日に、L.A.のズート・スーツ・ライオット(Zoot Suit Riots)という暴動始まった。
L.A.の海軍基地の海兵が、ロサンゼルスに住む二世在米メキシコ人(いわゆるチカーノ)の若者を攻撃したことによって
暴動の火種になったことがきっかけになっている。

これは、以前に度重なるヒスパニック系の民衆と海兵の喧嘩の復讐であった。
この喧嘩の結果、一週間のエスニック騒擾が続いた。


zoot suit
ズート・スーツ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ロサンゼルスのエスニック・ミックス(多民族の融合)

 
1920年代と1930年代に、メキシコからの移民や貧しい黒人や、貧しい白人の労働者がロサンゼルスにやってきた。
同時期、大勢の白人の軍人がロサンゼルスの軍隊基地に行かされていた。

この複雑なエスニックと階級のミックスによって様々な揉め事が起きた。
特に軍人と移民の関係は中でも特に酷かった。

 

 


パチューコのカルチャー

 
二世在米メキシコ人(いわゆるチカーノ)の若者は、段々自分の「パチューコ」(Pachuco)という
オリジナルなカルチャーを発展させた。パチューコは、ユニークな言葉使い
(スペイン語と英語のミックスでカローと呼ばれていた)とズート・スーツと呼ばれる服装が特徴であった。

ズート・スーツとは、ハイウェストのバギーパンツと、長い上着と
フェルトの帽子を合わせたスーツのスタイルである。
それに、パチューコ達は、沢山のアクセサリーをしていた。

このような派手な服装は、パチューコ達のカルチャーや
メキシコ人としてのプライドの表現であり、自由の表現であった。

しかし、局外者や年配のメキシコ人の移民にとって
パチューコスタイルはギャングや犯人のシンボルでしかなかった。

 

 


ズート・スーツ・ライオットへの拡大

 
ライオットの前に、エスニックのテンションが段々と盛り上がっていた。
アルコールや女性関係で、喧嘩がたえなかった。

1943年5月30日に、ジョー・デイシー・コールマンという海兵は
パチューコギャングと喧嘩し大怪我を負った。

6月3日に、復讐として、50人の海兵が暴動を起して、ズート・スーツを着ている人を攻撃し始めた。
元の事故に関係のない人々も攻撃され、スーツが脱がされ、洋服を燃やされた。
奪われたズート・スーツは、すべて積み上げられて燃やされた。

次の一週間の間、さら乱暴な行為が増えていった。
ついには、ズート・スーツを着ていないヒスパニックの人々も攻撃され始めた。
毎晩、軍人達はメキシコ人のエリア(バリオ)に入って、ローカルの人々と揉め事を起こした。
しかし、それに対してパチューコは迎撃した。

ロサンゼルスの警察は、この乱暴を止めなかった。
だが、ヒスパニック系の人々やパチューコ達は逮捕された。
この人種差別は、大変な問題を生んだ。

結局、米陸軍サイドは、自分達の軍人をロサンゼルスに出入りすることを禁止した。
次の日、ロサンゼルス市会はズート・スーツを着る事を禁止した。

 

 


メディアの反メキシコ人のバイアス

 
ロサンゼルス新聞は、メキシコ人にたいして、記事のバイアスがあった。
パチューコの暴力を扇情的にレポートしたり、軍人の暴力を取り上げない報道をしたりした。

ズート・スーツ・ライオット (Zoot Suit Riots)は、チカーノアートのテーマとなる歴史ある出来事として
チカーノアーティスト達に記憶されている。

 

 

 

ズートスーツライオット関連アイテム紹介

 
 
 
 

 
 

 
 


 
 







Share This Post