米国とのボーダータウン・メキシコはティファナ (Tijuana) のミックスカルチャー

米国とのボーダータウン・メキシコはティファナ (Tijuana) のミックスカルチャー


米国とのボーダータウン・メキシコはティファナ (Tijuana) のミックスカルチャー

 

よくこの街の事を知る人なら
メキシコなのか、アメリカなのかよくわからないと言われるような。
裏と表を持ち合わせたような観光地。
最もメキシコらしく無いとメキシコ人も答えるようなアメリカナイズドされた街。

アメリカのカルチャーとメキシコのカルチャーがミックスした街。
近隣のスーパーやショッピングモールもアメリカ資本のモノも多く
暮らしている住人もメキシコ人でありながら、アメリカ文化に広く影響を受けている人も多い。



ここは元々メキシコがエンターテイメントマネーを集めようと
数々の店や模様しを造った街
それがこの街ティファナ(Tijuana) である。

地理的にはバハ・カリフォルニア州最大の都市であって
サンディエゴの市内からから車で約20分くらいで
ロサンゼルスから車でフリーウェイが混んでいなければ3時間程度で着く。

昼間のボーダー付近はサンディエゴ側からくる
アメリカ人のツーリストがアメリカでは買えない、サプリメントや薬を買い物に来たり
や、他の外国からくるツーリストで、賑わっているが。

 

ティファナ レボルシオンストリート
ティファナ レボルシオンストリート


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティファナ (Tijuana) の治安は

 
夕方から夜にかけて一変して、街の治安は悪化して
たちまちメキシコのトップを争う治安の悪い街と化す。

この街は、南米や中米を経由した麻薬密輸のルートに使われている為
日々マフィア(ギャング)同士の抗争が絶えない。

また近年では、メキシコ国内の取り締まりの強化から
アメリカに流せないモノがティファナ (Tijuana) の街に蔓延していると噂もあり

昨年のCNNや他の海外ニュースでもティファナ (Tijuana) 市内の
マフィアの抗争事件はよく取り上げられていた。

ティファナのゲットーストリート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に著者がティファナ(Tijuana) に
住んでいた2008~2009年頃は特に激化していたように思う。

BAR内では、発砲事件騒ぎが多々あり、映画さながらの犯人逮捕劇も幾度か拝見したこともあった。

この時期はアメリカ人ツーリストも減り、テキサス州や近隣のサンディエゴの学校の生徒にも
ティファナ (Tijuana) への入国の規制があったそうだ。

昼間でも、ツーリストが賑わいを見せるストリートから一本バックストリートに入ると
外国人は全くいないし、とても歩けないような危険な場所も多くある。

ティファナゲットーのストリート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

廃墟と化した場所にはチョロスタイル(メキシコの若者ギャングスタイル)の若者も多く
実際に夜間にツーリストの被害も多い。

 

メキシコが誇る人気エレクトロニック・ミュージックシーン

 
ここに住んでいるメキシコ人住民でさえ、その治安の悪さには、頭を抱えている事も多い。
と、ネガティブな街のイメージを書いてしまったが
この街にも、沢山のカルチャーやアーティストを生み出している歴史がある。

メキシコが誇るエレクトロニック・ミュージックグループとして
ノルテック・コレクティヴ(Nortec Collective)がいる。
 
ノルテック・コレクティヴ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは、メキシコのクラッシックミュージック(ノルテーニョやバンダ等)
とテクノをミックスさせたで、作り上げた音楽スタイルだ。

また若者が通うようなクラブも沢山あり、クラブミュージックを中心とした選曲で
HIPHOPやラテン国でお馴染みのレゲトンもメキシコの若者には人気。

 

週末はサンディエゴから沢山のアメリカ人が踊りにくる。
またHIPHOP系ラティーノのアーティストならFrankie Jの生まれた場所でもあるし

メキシコの国技とも言われている
ボクシングでは、世界チャンピオンや多くのボクシングカルチャーを残している街でもある。

ウンベルト・ソトの試合や伝説のボクサーフリオサセールチャベス二世の試合も
行われたりしている。

アマチュアのボクシング育成にも力を入れていて
地元体育館で無料で試合を見れるし、実際に試合を見に行った感じだと

メキシコのボクシング選手層の厚さとボクシングのレベルの高さが
伺えたとてもハイレベルな試合だった。

 
ティファナのボクシング試合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、チカーノやメキシコなどから作られる
ボーダー系アートも盛んである。

 

メキシカン・チカーノボーダーアート
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ティファナに住んでいるメキシコ人の子供には教育面では

とてもメリットがあるし、アメリカのカルチャーとメキシコのカルチャーを真近が感じる事ができる
いい場所なのかもしれない。

一般的なメキシコ人が、アメリカに入国する事はビザもとても厳しい
しかしここに住むメキシコ人の子供は、アメリカの学校に通う事を許されいるようだ。

アメリカとも、メキシコとも言えないような、ミックスカルチャータウン・ティファナ

ティファナ レボルシオンストリート
ティファナ レボルシオンストリート




カリフォルニアに行く機会があれば立ち寄ってみると面白いかもしれません。



Tijuana(ティファナ)にゆかりのある商品紹介

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





Share This Post