ストリートアーティスト・Swoon(スゥーン)

ストリートアーティスト・Swoon(スゥーン)


ストリートアーティスト・Swoon(スウーン)のアーティストヒストリー

 

Swoon(スウーン)は、アメリカ出身のストリートアーティストである。
1977年にフロリダ州のデイトナ・ビーチで生まれ、19歳の頃にニューヨークに移り住んだ。

その後、ブルックリンにあるPratt Instituteという私立アートカレッジで学び
1999年以降、ストリートアーティストとして活躍している。



英語のWikipediaでは、本名はCaledonia Dance Curryだと記載されているが
実名を明かすと、逮捕される可能性があることもあり本名ではないと言われている。

 

Swoon(スウーン)のストリートアートのテイスト

 

Swoon(スウーン)は、女性としてストリートアート世界で活躍している珍しい存在。
彼女特徴的なアートスタイルは、人間の姿で、主に友達や家族のイメージを使っている。
薄い紙に絵を描き、ポスターを作り、廃ビルの壁や、街頭の広告スペースなどに貼り付けるスタイル。

 

 

swoon
swoon


 

 



 

彼女の作品は2005年以降から、様々なアートギャラリーで展示にされ脚光を浴びている。
banksy(バンクシー)の映画Exit Through The Gift Shop(2010年)というドキュメンタリー映画にも出演している。

 


☆Swoonのストリートアート作品紹介☆

 
 
 
 
 
 
 
 





Share This Post