ロンドンで最もストリートアートが盛んな東ロンドンのストリートアートシーンについて紹介



東ロンドンのストリートアートシーンと移り変わり


東ロンドンのハックニー(Hackney)やショーディッチ(Shoreditch)やブリックレイン(Brick Lane)などのエリアは
中央ロンドンの近くにある歴史的に貧しいエリアである。

昔から移民のエリアであった為に家やアパートは安く、ローカルなスーパーや店もチープで
様々な国際料理と商品を簡単に買う事が出来るという側面もある。

 

東ロンドンのストリートアートシーン


貧しいアーティストにとって、こういったエリアはとても魅力的で、東ロンドンでは、アーティストコミュニティーが拡大していった。
今の東ロンドンは、スタジオやギャラリーはもちろん、ストリートアートとグラフィティも盛んになっている。

Street Art - Brick Lane, London
Street Art - Brick Lane, London





このエリアのバックストリートの付近には、ローカルのストリートアーティストの作品だけではなく
世界中の有名のアーティストの作品を見る事が出来る。

これから、下記のアーティストについても紹介したいと思っている。


Stick                                 C215                                    Kata

Invader                           James Cochrane                 Swoon

Roa                                  Pablo Delgado                    Alice

Bortusk Leer                   Ben Eine                             The Toasters

Malarky                           Citizen Kane                       Mobstr

Stinkfish                          Cosmo Sarson                    Nemo

 

 

[cincopa AcHA7uKHEkaw]

 

 

 





Share This Post