コミックアーティスト・ロバート・クラム(Robert Crumb)

コミックアーティスト・ロバート・クラム(Robert Crumb)


アメリカのパイオニアコミックアーティスト・ロバート・クラム



ロバート・クラムとは、アメリカ出身のコミックのアーティストである。
1943年に、アメリカのペンシルバニア州のフィラデルフィア市で生まれた。

彼の母親は、麻薬中毒者であり、父親は、元海兵隊であった。
ロバートと、二人の兄弟はおとなしい性格の子供であった。



元海兵隊でもある父親からみた息子達は
頼りなく、自分とは違った大人しい性格に少し失望していたようだ。

ロバートと二人の兄弟は、大人い性格の為か友達が少なかったが
兄弟全員、コミックとアートに興味があり、1952年に兄弟でコミックを作り始めた。
その期間なんと10年間、毎日休みをせず、コミックのイラストを描き続けた。

1958年に、自分のFooというコミックを売ろうと試みたが、当時彼らの住んでいた地元の人々には
ロバートたちの作品は受け入れられず全く売れなかった。

その後、ロバートたちは他のコミックのレターページを通し
コミックサブカルチャーコミュニティに入り、自分のコミックを売るようになっていった。

 


ロバート・クラム 作品
ロバート・クラム 作品






 

ロバートは、18歳の頃、家を出てクリーブランドに引越し、新しい生活をスタートした。
仕事は、カード会社で就職することになり、ガールフレンドとも結婚した。

一見順風満帆なような生活に見えたライフスタイルも、元来アーティスト気質であるロバートは
この平凡なライフスタイルに耐えられなくなった。
この退屈な生活を少しでも忘れる為にドラッグを始めた。


この時期に、ロバート・クラムは沢山の有名な漫画キャラクターを誕生させていた。
例えば、Mr Natural、Devil Girl,Angelfood McSpade, Eggs Ackleyなどのキャラクターを生み出した。

1967年に、奥さんと離れカリフォルニア州のサンフランシスコに行った。

彼は、サンフランシスコのヒッピーカルチャーに入ろうとしたが
元来オタク気質だったロバートは、とてもシャイであったため、結局ヒッピーのコミュニティー入る事ができなかった。

しかし、逆にそのコンプレックスがパワーになり、ペンが彼の声となり、コミックを作り続けていった。

1968年から、彼の”Zap”というコミックをサンフランシスコのレコード屋を通してを売り始めた。
のちにとても有名になり始めていった。

有名な逸話としては、Rolling Stonesのアルバムカバーアートを依頼されたが断った事もある。

しかし、一方ではJanis JoplinのBig Brotherというレコードのカバーを描いた。
このカバーのオリジナルアートはレコード会社に売られ、オークションで21,000ドルで落札された。

ロバート・クラムはアンダーグラウンドコミックのパイオニアで、絵で、沢山のタブーを破った。
メインストリームアメリカやミドルクラスのライフスタイルをコミックでパロディーにした作品も多い。



ロバート・クラム
ロバート・クラム








ロバート・クラム 作品紹介☆

















Share This Post