グラフィティアーティスト紹介:ニューヨークとニュージャージーで活躍するグラフィティアーティスト Jersey Joe Rime

グラフィティアーティスト紹介:ニューヨークとニュージャージーで活躍するグラフィティアーティスト Jersey Joe Rime

グラフィティアーティスト・Jersey Joe Rime


グラフィティアーティスト・Jersey Joe Rime
グラフィティアーティスト・Jersey Joe Rime



Jersey Joeはアメリカ出身のグラフィティアーティストです。彼は1991年にニューヨークのStaten Islandでグラフィティを描き始めた。主にニューヨークとニュージャージーをホームタウンとして沢山のグラフィティーアートを残している。


Jersey Joeは2003年頃からヨーロッパに渡り、Jersey JoeやRimeという名前を使い有名になり始めていきました。その後、アメリカに戻ってきてからはギャラリーの為にグラフィティーアートやギャラリー用の絵を制作していった。


Jersey Joe Rime
Jersey Joe Rime






Jersey Joeは「The Exchange」というアーティストムーブメントのパイオニアでもある。このプロジェクトは有名なグラフィティーアーティストのスキル交換プログラムで、今後は「Revamp The 90s」というプロジェクトを始動し始めるようです。


その後LAに引っ越してからは地元の子供達にグラフィティーアートを教えています。そしてLAのグラフィティーアートクルーの「MSK」に参加しています。(「MSK」とはグラフィティーアーティストのSABER(セイハー)も参加しているロサンゼルスでは有名なクルーです。)



また「The Seventh Letter」というアーティストクルーにも参加して、「MTN Colors」というスプレーペイントブランドからスポンサーシップをもらうまでに成功している。
※(「The Seventh Letter」は、ロサンゼルスのストリートアートシーンで活躍するアーティスト:Retna (レットナ)も所属しているクルーです。)


現在ではグラフィティアートの枠だけには収まらず、スニーカーデザインやアパレル、コマーシャルでも活躍しています。近年の功績によって、アメリカの多くのメディア(新聞や雑誌)の記事に度々登場するようになっています。現在もロサンゼルスに住んでいて、アーティストとしてさらに意欲的に活動しているようです。




Jersey Joe Rimeの作品紹介







Share This Post