ヒップホップ写真家:リッキーパウエル(Ricky Powell)の紹介

ヒップホップ写真家:リッキーパウエル(Ricky Powell)の紹介

リッキーパウエル(Ricky Powell)のヒップホップ写真家としての歴史


リッキーパウエル(Ricky Powell)のフォトグラファーとしての
キャリアは78年、彼が高校生の頃にスタートした。

ストリートライフやクラブシーンを中心に
自分の身の回りに起きている記録をドキュメントした撮影スタイルが彼の持ち味。







リッキーパウエル
リッキーパウエル







リッキーパウエルの作品
リッキーパウエルの作品



リッキーパウエル(Ricky Powell)のヒップホップ写真家としての歴史


80年代初頭に盛り上がりを見せてきた
ヒップホップカルチャーに、深く入り込むことによって
リアルなカルチャーのシーンを撮影することに成功している。

Ricky Powell(リッキーパウエル)の撮影した写真を見てみると
撮影されたモデルが非常にリラックスしているシーンが多い。

彼の撮影した写真は、HIPHOP界でもパイオニアのRUN DMC、EASY-E、BIG-L
元々交友があったというBeastie Boys(ビースティーボーイズ)など。

グラフィティー界では、Seen、アート界では
Jean-Michel Basquiat(バスキア)Andy Warhol(アンディ・ウォーホル)、Keith Haring(キース・へリング)
歴史を感じる事ができるアーティストの撮影にも成功している。

このようなビックなアーティストたちの素顔を上手に
引き出せるもの、彼のフォトグラファーとしての才能なのでしょう。

ricky powell
ricky powell









Ricky Powell(リッキーパウエル):ウェブサイト


URL:http://www.rickypowell.com




Ricky Powell(リッキーパウエル)の作品紹介



















Share This Post