グラフィティーアーティストのオリジネーター・SEEN

グラフィティーアーティストのオリジネーター・SEEN


グラフィティーアーティストのオリジネーター・SEEN


グラフィティーアートの創成期から活動を続けて
その後は、グラフィティーアートのみにとどまらず
アートトイ(フィギュア)制作にも積極的取り組んでいるSEEN。

彼のアートヒストリーはニューヨークの地下鉄が、落書きだらけで
とても治安の悪かった70年代に遡る。

 


styles wars
styles wars


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラフィティーアーティストSEENのアートヒストりー


彼が一番最初にグラフィティーを描き始めたのは
彼がまだ9歳の頃の事だった。

その後、地下鉄を乗り継いで一晩中グラフィティーを描き続けたのも
わずか11歳の頃からだったという。

彼のインタビューにて、何故、自分の作品が世の中に認知されたのかという事に対して
自分は他のグラフィティーアーティストと違って、場所を選ばず、どんな所にもグラフィティーを描いたからだという。

そうすることによって、自分の作品を沢山の人にアピールする結果になり、後に認知されたと答えた。

元々ストリート出身のアーティストである彼にも
その後、ギャラリーで作品を披露するような機会が増えた。

しかし、決められたキャンバスの中でアートを描くことに疑問を感じ
その後は、ストリートとキャンバス双方にアートを描くスタイルにしているとの事。

彼は、NYで社会問題となっていたグラフィティをテーマにした
ドキュメンタリー映画『Style Wars』にも主役として出演している。


 

 

seen graffitti
seen graffitti


 

 

 

 

 

 





SEEN出演のグラフィティアート映画:スタイルウォーズ

 
 
 

 

 





Share This Post

Post Comment