ドイツのグラフィティーアート集団:Maclaimの紹介

ドイツのグラフィティーアート集団:Maclaimの紹介

ドイツで活躍するグラフィティーアート集団:Maclaimについて



ドイツのグラフィティーアート集団:Maclaimの作品
ドイツのグラフィティーアート集団:Maclaim



Maclaim はドイツで活躍しているグラフィティーアート集団です。このグラフィティークルーには、現在4人のメンバーが在籍しています。メンバーには、Akut、 Case、 Rusk、 Ta55oが在籍しています。Akutというメンバーは、当サイトでも以前紹介した「Herakut」というグラフィティーアートのコンビにも参加しています。


メンバー達は、1999年にMaclaimをスタートさせました。Akut、Case、Ruskはグラフィティープロジェクトでコラボレーションをしています。2001年には Ta550というグラフィティーアーティストもクルーに加わりました。

彼らのグラフィティーアートの特徴は写真のようなリアルな質感です。彼らの作品はヨーロッパ中で有名になっています。南米のストリートでも過去に作品を描いた経験があるようです。


ドイツのグラフィティーアート集団:Maclaimの作品
ドイツのグラフィティーアート集団:Maclaimの作品



彼らの作品はとても人気があり、ウェブで自らの作品を販売した際は直ぐに売り切れになるようです。Maclaim は2006年に「Maclaim – Finest Fotorealistic Graffiti」というアートブックを出版しました。

本書では、彼らの作品の作り方が紹介されています。そして彼らの作品の写真が数多く掲載されています。





Maclaim オフィシャルサイト



http://www.maclaim.de/maclaim.html








Share This Post