グラフィティーアーティストプロフィール:Darco(ダーコ)

グラフィティーアーティストプロフィール:Darco(ダーコ)

ドイツ系フランス人のグラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)


Darco(ダーコ)は、ドイツ系フランス人のグラフィティーアーティストである。
彼は、1968年にドイツで生まれたが、8歳の時にフランスに移住した。
小さい頃からアートの才能があり、1984年に初めてグラフィティーアートの作品を描いた。

ダーコは1980年代以降、世界中のグラフィティーアートコミュニティーに認められている存在。


グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)の作品
グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)の作品


グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)の作品
グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)の作品


グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)の作品
グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)の作品





グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)の歴史



1985年に、ダーコはゴーキという友人と共にFBIというグラフィティークルーを作った。
FBIは、現在、世界中に認められているアート団体であるが、当時は、2人のメンバーしかいなかった。

彼らは、パリで活躍していたが、1989年にダーコが逮捕されてしまった。
ダーコの描いたグラフィティーがフランスの鉄道会社に損害を与えたという事が原因で、大きな罰金を払わなければならなかった。

しかし、ダーコはフランスの鉄道会社のために、大きなミューラルを描く事を条件に、この多額の罰金を払わずにすんだ。
その事がきっかけで、彼のアートは、グラフィティー界以外にも知られるようになっていった。


グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)
グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)



グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)の作品
グラフィティーアーティスト:Darco(ダーコ)の作品




1994年には、ダーコ再度フランスの鉄道会社に依頼されて、パリのGare du Nordという駅に大型のミューラルを描いた。
彼の描いたミューラルは、毎日何万人の目にとまっている。

ダーコは、現在、アート以外にも、様々なデザインプロジェクトで活躍しており
彼のアート作品は、世界中のギャラリーで展示されている。
ダーコの作品の多くはグラフィティーアートやストリートアート関係の写真集や本に掲載されている。





Share This Post