チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)の歴史

チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)の歴史


チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)

 

Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)とは
 
Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)は、メキシコ系アメリカ人のアーティストである。
1939年にアリゾナ州で生また。

大型のチカーノ系ミューラル・チカーノ達のライフスタイルを描くアーティストで有名である。
チカーノアートムーブメントの中で、とても重要な人物として認められている。


チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)
チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)
チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)のアーティストへのステップ

 

エミグディオは、アリゾナ州の鉱山の町で生まれたが、1940年代に家族と共にカリフォルニアのオレンジ・カウンティーに移住した。
幼少の頃から、アートに興味が持ち、コミックの絵をコピーし始めた。

父親は、エミグディオに、度々メキシコ革命のストーリーを語った為に
若いエミグディオは、それらのストーリーを基にして、絵を描き始めた。

1950年代に入って、エミグディオは、本格的に油絵の描き方の勉強を始めた。
そして、1960年代には、ディエゴ・リベーラというメキシコ人ミューラルアーティストに影響され、初めて大型のミューラルを描いた。

1970年代になって、多くのチカーノアートの展示に参加した。
1979年には、大学院の論文のために、特大のミューラルを描いた。
このミューラルのモチーフには、自身の父親のようなチカーノの労働者達の絵を描いた。

 

 

 

チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)
チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)
チカーノミューラルアーティスト:Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)のアート

 

エミグディオは、昔の写真を多様し、多くのチカーノ画を描いた。

現在、オレンジ・カウンティーには、彼が描いた22個のミューラルがある。
このミューラルのテーマは、殆どバリオの日常生活の絵を描いている。

そして、エミグディオはチカーノの歴史の熱心に研究している事もあり
Zoot Suitカルチャーや、当時の大事なチカーノ政治家なをテーマにした絵を描いている。

彼は、アーティスト以外にも、カリフォルニアのサンタ・アナ・カレッジで教師として働いていた。
また、博物館では、国のアートプロジェクトをオーガナイズした。

エミグディオの描いた最も有名なミューラルは、「Legacy of Cesar Chavez」というミューラルである。
このミューラルは、カリフォルニアのサンタ・アナ・カレッジにある。

現在、高齢になった事により、アート活動を引退しているが
これからもチカーノアートミューラルのレジェンドとして、チカーノコミュニティーに語り継がれていくアーティスト。

 

 

 

 

Emigdio Vasquez(エミグディオ・ヴァズケズ)とチカーノミューラルの作品紹介

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 





Share This Post