ヒップホップフォトグラファー:Jonathan Mannion(ジョナサン・マニオン)

ヒップホップフォトグラファー:Jonathan Mannion(ジョナサン・マニオン)


ヒップホップアーティストを撮影し続けたフォトグラファー:Jonathan Mannion(ジョナサン・マニオン)


Jonathan Mannion(ジョナサン・マニオン)とは

ジョナサン・マニオンは、アメリカ人のフォトグラファーである。
彼は映画監督としても活躍しているが、ヒップホップアーティストを専門に撮影するフォトグラファーとして有名である。

ジョナサン・マニオンは、1970年にアメリカのクリーブランド市で生まれた。
父親は、ニューヨークのブルックリンで生まれ、母親はイギリスのロンドン出身である。
両親は、アーティストとして活躍している。



Jonathan Mannion(ジョナサン・マニオン)
Jonathan Mannion(ジョナサン・マニオン)




Jonathan Mannion(ジョナサン・マニオン)のキャリア


マニオン氏は、大学を卒業後、ニューヨークに移住した。
ニューヨークでは、ファッション系の撮影スタジオで働いていた。

1996年に、知人を通じてJay-Zを紹介してもらい、無料に近い安い金額で
Jay-Zのアルバムカバー(Reasonable Doubt)写真を撮影した。

その後、Jay-Zがリリースした8枚のアルバムカバー写真を撮影し続けた。


Jonathan Mannion(ジョナサン・マニオン)の撮影作品
Jonathan Mannion(ジョナサン・マニオン)の撮影作品



マニオン氏は、1996年以降、多くのヒップホップアーティストのアルバムカバーや、雑誌の撮影し続けている。
撮影を手がけたアーティストは、Eminem、Aaliyah、Nas、Buster Rhymes、Notorious B.I.G.など錚々たるアーティストを撮影した。





Share This Post