スパニッシュ・ハーレムのストリートアーティスト:ジェイムズ・デラヴェガ(James De La Vega)

スパニッシュ・ハーレムのストリートアーティスト:ジェイムズ・デラヴェガ(James De La Vega)


スパニッシュ・ハーレムのストリートアーティスト:ジェイムズ・デラヴェガ(James De La Vega)



ジェイムズ・デラヴェガとは?

ジェイムズ・デラヴェガとは、プエルトリコ系アメリカ人アーティストで
1968年に、ニューヨークのスパニッシュハーレムというヒスパニック系の人々が多く暮らすエリアで生まれた。
主に、ストリートアートとストリートミューラルの作品で知られているアーティスト。



james De La Vega (ジェイムズ・デラヴェガ)
james De La Vega (ジェイムズ・デラヴェガ)



コーネル大学で美術学を専攻し、1994年に大学を卒業後、学校の教員として働いていた経験がある。
2004年に、政界に入りを志し、ニューヨーク州の上院議員として選挙に立候補したものの、落選し夢は破れた。
2005年から2010年まで、ニューヨークのイーストヴィレッジというエリアで自分の店を開いていた。



ジェイムズ・デラヴェガのストリートアート


彼のストリートアートは、ニューヨーク中で見ることが出来るが、特に自身のルーツでもある
スパニッシュハーレムでは、ミューラルを中心に、チョークの作品などを多く見ることができる。
デラヴェガの作品のテーマは、ニューヨークの日常生活を表現しているものが多く、絵の隣には、必ずポジティヴなメッセージや諺も添え書きしてある。特に「Become Your Dream」(夢を遂げろ)という表現は、彼の作品には頻繁に使われる。
また、絵以外にも、諺だけ書くこともある。

デラヴェガは、自身が生まれ育ったスパニッシュハーレムでのルーツに誇りがある。
彼は理想主義者であり、上院議員の選挙に出た際、スパニッシュハーレムやブロンクスなどのエリアに住んでいる移民や
貧しい人の意見を代弁したかった。選挙のキャンペーンの際に、自身のアートを使って、Tシャツやキャップや、絵葉書やポスターを作りローカルの人に配っていた。

現在、彼のキャンバス作品は、オークションで何千ドルで販売されている。トップアーティストの作品。
ニューヨーク中のアーティストの中でも、とても尊敬された存在の一人である。

 





Share This Post