イタリアで活躍するストリートアーティスト BLU(ブルー)

イタリアで活躍するストリートアーティスト BLU(ブルー)

ミステリアスなストリートアーティスト BLU(ブルー)

 

ストリートアーティストBLU(ブルー)とは?

BLU(ブルー)の生い立ちや細かいプロフィールなどは未だ知られておらず
とてもミステリアスな存在を放すストリートアーティスト。
イタリアのボローニャに住んでいるというくらいしか細かい情報が公開されていない。

BLU(ブルー)は、1990年代の後半からアートの世界で活躍している。
彼の初期の作品はイタリアの中でも歴史的な街、ボローニャの壁に描かれた。



BLU(ブルー)の作品は当初グラフィティー用のスプレーペイントによって描かれていたが
その後、徐々にハウス用のペイントを使用しアートを描くようになった。

BLU(ブルー)の作品で最も象徴的なスタイルと言えば
大型の人間をモチーフ描いた皮肉っぽいテーマイラストである。
キャラクターのテイストはテレビゲームキャラクターや
コミックのキャラクターからインスパアされているような感じをうける。

 

BLU(ブルー)国際的なストリートアート活動

 

BLUのストリートアートの作品は、世界中のストリートで見ることができるが
その作品の多くは、特に南米で多く見られる。

 

ニカラグアの制作されたブルーのストリートアート “Hombre Banana”(バナナ・マン)

ブルーは2005年に、ニカラグアで大型のストリートアート

“Hombre Banana”(バナナ・マン)という作品書き上げた。
この作品は、ニカラグアで働くの地元バナナ農園の労働者のプロテストの為に描いた。

 

blu's art
blu(ブルー)のストリートアート


 

そして、イスラエルとウェストバンクのボーダー(国境)にも、ブルーのミューラルがある。
ここで描かれた、この素朴なキャラクターは
高く立ちはだかるボーダーの壁を人差指で破るようなイメージで描かれている。

その他にも、ヨーロッパの様々な国でストリートアートを描いている。
ロンドン、ベルリン、スペインのマドリッドのストリートでもブルーの作品が見ることができる。

 
 
blu's art 2
blu's art 2

 

 

BLU(ブルー)が描いたL.A.(ロサンゼルス)のMOCAのミューラルの事件

 

2010年に、ロサンゼルスにある
MOCA(Museum of Contemporary Art in Los Angeles)という博物館はブルーにミューラルの作品を依頼した。

 
 
blu (MOCA) グラフィティ
blu (MOCA) グラフィティ

 
 

しかし、BLU(ブルー)が描いたミューラルは、ドル札に覆われている棺を描いたことが
ディレクターのジェフリー・デイチの反感を買い、政治的も関係し、制作終了前にブルーのミューラルが消されてしまった。
その後、ブルーは新しいミューラルを描くのきっぱりとを断った。

 

BLU(ブルー)のビデオアート

 
 

 
 
ブルーはストリートアート、グラフィティアート以外にも、ショートムービーとアニメーションを作っていて
その分野でも、卓越した才能を放っている。ブルーのアートは世界中のアートフェスティバルやギャラリーに出展されている。

 
 

ストリートアート作品紹介


 

 


 


 

 


 

 


 
 




Share This Post

Post Comment