Facebookを彩ったストリートアーティスト・David Choe(デビッド・チョー)の思いがけない幸運

Facebookを彩ったストリートアーティスト・David Choe(デビッド・チョー)の思いがけない幸運


ストリートアーティスト・David Choe(デビッド・チョー)の思いがけない幸運

 
今回の記事は、まさに今の時代を象徴しているような記事の内容です。
では、どうぞ。

Facebook(フェイスブック)が株式会社になった後、、David Choe(デビッド・チョー)という、韓国系アメリカ人のストリートアーティストも同時にとんでもないお金持ちになるようだ。

では、その理由を紹介していきます。



David Choe (photo by David Choe http://davidchoe.com)
David Choe (photo by David Choe http://davidchoe.com)


 

Choe氏は、長い間ロサンゼルスのアートシーンで活躍している
少々バッドボーイな評判が付いているのも特徴で
若い頃、小切手の偽造罪の事件を起こし刑務所に入った事もある。

そして、2005年に、自身のアートショーを日本で行った際にも
セキュリティー係を殴り逮捕されたという、ひと悶着を起こしている。

しかし、その頃から、自身の性格を変えるために聖書を読み始め、アートにライフワークを捧げる事にしてから
暫く間に、バンクシーなどの有名なストリートアーティストと共にギャラリーで作品を展示するまでになった。



彼のアートは、ダークなイメージ、エロっぽく
ダーティーな雰囲気を兼ね合わせたテーマが人気を集めているアートスタイル。

2005年には、Facebookの元社長のSean Parker(ショーン・パーカー)に頼まれ
カリフォルニアのPalo Alto(パロアルト)にある本部の壁にミューラルを描いた。

このミューラルはChoe氏の特徴でもあるエロチック風グラフィティアートであった。

2007年には、Facebookの設立者のMark Zuckerbergも、二番目のオフィスのデザインの為に彼にミューラルを頼んだ。
この時、アートを描いてもらった報酬の代わりに、自社株購入券をもらう事にした。
現在、彼の株券は、約$200,000,000になると言われている。


Facebookのオフィスのミューラルの上で
ヒップホップアーティストのJay-ZとロックグループのLinkin Parkのコラボレーションアルバム(Collision Course)のカバーアートを描いた。
そして、オバマ大統領の絵も描いたこともあった。

Shepard Fairey(シェパード・フェアリー)のオバマポスターほど有名ではないが
現在は、ホワイトハウスの壁に飾られているようである。

2008年には、David Choeと映画監督の友達のHarry Kim(ハリー・キム)は
「Dirty Hands」(ダーティー・ハンズ)を公開した。

「Dirty Hands」のストーリーは、David Choeのアーティストとしての生活をクロースアップしたドキュメンタリー映画だ。
2008年のロサンゼルス映画祭で初めて上映された。

 
 


David Choe(デビッド・チョー)の作品紹介

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





Share This Post