チカーノカルチャー系のグラフィティアーティスト:Summer(サマー)

チカーノカルチャー系のグラフィティアーティスト:Summer(サマー)


チカーノ・メキシカンカルチャーをモチーフにしたグラフィティを得意とするアーティスト:Summer(サマー)

 

グラフィティ界では、歴史的にみても男性のアーティストの数が多い傾向にあるが
近年では、多くの才能溢れる女性アーティストが、グラフィティシーンで活躍し始めている。

女性グラフィティアーティストたちの中でも、特に話題を呼んでいるのが
L.A.で活躍中のSummerというアーティストである。



カリフォルニア州で生まれたSummerは、14歳の頃から作品を描き始めた。
当時、自分の寝室の壁にミューラルを描きたいと思っていた。

しかし、そんな事をしたら両親に怒られると思った彼女は
両親のあまり目に入らない、クローゼットの中に日本風の作品を描いた。
彼女の両親は、彼女のアート才能をすぐに理解して
それ以来彼女のアート活動をずっとサポートしてくれている。

 

Summer Solstiz ゲイシャ
Summer Solstiz ゲイシャ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18歳の頃、初めてストリートで作品を描いた。
のちに知り合ったグラフィティアーティストの友人からステンシルのテクニックが教えてもらい
ステンシルを使った作品のレベルアップをはかった。

 

多くのステンシルレイヤーを使い、複雑な作品を作る事が出来るようになっていった。
その後に、グラフィティ界に彼女の名前が広がり始めていった。

 

Summer Solstiz
Summer Solstiz


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロサンゼルスに引越してから、ギャラリー展示も行い始めた。
2004年までには、多くの展示を開き自分のギャラリーも公開した。

Summerの作品は、様々なジャンルとカルチャーに影響されている。
日本風モチーフや、カリフォルニアのチカーノカルチャーの影響も強い。
ローライダー車のイメージがよく多様し、メキシカンアートでお馴染の頭骨や薔薇モチーフの絵も描く事が多い。

 

Summer Solstiz - Impala
Summer Solstiz - Impala


 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェブサイトURL: http://www.dripbook.com/soulstiz/book/stencils/#31713

 

 





Share This Post