アーバン美化アートプロジェクト:ポーランド人ストリートアーティストのNeSpoon

アーバン美化アートプロジェクト:ポーランド人ストリートアーティストのNeSpoon


アーバン美化アートプロジェクト:ポーランド人ストリートアーティストのNeSpoon

 

レースという生地を思い浮かべると、高級なイメージを連想させ
ウェディングドレスやハイファッションなどのイメージが頭に浮かぶが

NeSpoonというポーランド出身のストリートアーティストは
レースのパターンとデザインを使い
ユニークなストリートアートを制作している。



彼女の考えとして、ジュエリーには、人やすべての物を美しく魅せるパワーがある
そのパワーは、ストリートアートも同様である為に
アート使って町を美しくする事ができるという意見を持っている。

 

彼女のストリートアートはまさに、街の中のジュエリーようで
それはアーバンジュエリーという表現がぴったりかもしれない。

作品を作るためには、レースの模様をステンシルにし、グラフィティ用のスプレーペイントを使う。
本物のレースを町の木やビルに掛けることもある。

 

NeSpoonのレースストリートアート (photo by NeSpoon)
NeSpoonのレースストリートアート (photo by NeSpoon)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NeSpoonの陶芸ストリートアート (photo by NeSpoon)
NeSpoonの陶芸ストリートアート (photo by NeSpoon)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
また、レースのストリートアート以外にも
陶芸を使ったストリートアートを作りビルや壁に貼り付けている。

現在では自身の国ポーランドだけではなく、他の国でも活動中との事。
2011年には、インドのゴアに行き、ローカルの人々と共にアートプロジェクトを行った。

 

Nespoon (photo by NeSpoon)
Nespoon (photo by NeSpoon)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





Share This Post