動物愛護のゲリラストリートアートか?ゴリラストリートアートか?:Neozoonのストリートアート作品について

動物愛護のゲリラストリートアートか?ゴリラストリートアートか?:Neozoonのストリートアート作品について


Neozoon – 動物愛護のゲリラアートか?ゴリラアートか?



Neozoonは、ヨーロッパを中心にパリとベルリンで活躍しているストリートアート団体である。
メンバーは全員女性で構成されている、ストリートアートの世界の中では珍しい存在である。


Neozoonのファーアート(photo by: neozoon.org)
Neozoonのファーアート(photo by: neozoon.org)





Neozoonは2010年と2011年にストリートアートを通して、毛皮製の洋服反対運動を行っている。
彼女たちの意見をまとめると、「人間は世界一番危険な肉食動物である」という考えがあるようだ。

Neozoonとして、世界中の人達に自分の日常生活において、動物に対する行いと考えを、もう一度考え直してほしいとの願いがあるようだ。

ファーの熊さん (photo by: neozoon.org)
ファーの熊さん (photo by: neozoon.org)






Neozoonの作品は、リサイクルされたヴィンテージのファーコートで作られている。
この作品群は、様々な動物の姿を表現している。

このファーコートで作られたストリートアートは、パリとウィーンで見る事が出来る。
作品が設置されているロケーションには意味が込められていて、例えば、パリにあった作品は、元々の屠場の近くの壁にあり、子羊の群れのイメージを表現している。


人間のハンター (photo by: neozoon.org)
人間のハンター (photo by: neozoon.org)






子羊の群れ (photo by: neozoon.org)
子羊の群れ (photo by: neozoon.org)






一番新しい最近の作品では、メッセージがレベルアップした。
ファーの動物だけではなく、人間のハンターの姿が出ている。

そして、スローガンも添え書きしている。

 







Share This Post