チカーノTATTOO(タトゥー)系のイラストレーター・Gustavo Rimada (グスタボ・リマーダ)

チカーノTATTOO(タトゥー)系のイラストレーター・Gustavo Rimada (グスタボ・リマーダ)


チカーノ系のTATTOO(タトゥー)イラストレーター・Gustavo Rimada (グスタボ・リマーダ)のアーティストヒストリー


 

Gustavo Rimada(グスタボ・リマーダ)は1981年に
メキシコのテレオン市(Torreon)で生ま育ったTATTOO(タトゥー)系のイラストレーターである。

彼の父は弁護士で、母親は医者という環境で育ち
四人兄弟がいてメキシコでも中流階級の生活をしていた。



しかし彼が7歳になる頃、アメリカのカリフォルニア州に引越しすることになった。
アメリカに着いてからは親の仕事が全く変わり、プロフェッショナルな仕事ではなく
レストランスタッフや家政婦のような仕事をしていた。

 

この時期は大変な時であったが、グスタボ・リマーダは
アメリカで自分達を育てる為に、懸命に働いている親にインスピレーションを強く与えられた。

 

幼少期から、彼は絵を描く事が好きで
カリフォルニアに来てからもアートクラスを通っていた。
高校を卒業してからは、一人でサンタモニカに引越して
アート大学でコンピューターアニメーションを専攻した。

 

しかし、9.11の同時多発テロの時に大きなショックを受けて
大学を退学する事を決意し軍隊に入隊する事に決めた。

 

約3年間程、米軍に勤務していた。その頃、好きだった絵を描く時間がなかった為に
軍隊を出てから、また絵を描き始めた。

 

Gustavo Rimada(グスタボ・リマーダ)アートライフ

 

その後、タトゥーのスタジオで働き始め、アメリカのタトゥーカルチャーにインスピレーションを受けて
もう一度、アートライフにのめり込んでいった。

Gustavo Rimada
Gustavo Rimada


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在のアート活動は、多くのイラストを中心にタトゥーデザインを描いている。
彼のアートを見ると、メキシカンアートやアメリカのタトゥーデザインの強い影響を見る事が出来る。
今では多くのギャラリーやショーで作品を展示していてアーティストとしての才能も認めれてきている。

 

URL:http://www.artedegustavo.com/index.html

 

 

 

 





Share This Post